対談 枝野幸男・中島岳志—ビジョンの下の具体策/多様性と保守

枝野演説が明示した「保守」の論理は、正統な保守思想に連なっています。そして、安倍政権がいかに「保守」でないかを浮き彫りにしています。憲法は国家権力が過去に行ってきた失敗や過ちを繰り返さないための、禁止のルールです。先人たちの経験知を重んじる立憲主義こそ保守の中心概念であるという信念を、私は枝野さんと共有してきました。(中島岳志)――中島岳志『保守と立憲』の一部を緊急配信。枝野幸男との対談の第1回。

中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)、枝野幸男(立憲民主党代表)

「もうひとつの船」立憲民主党結党の経緯

中島 立憲民主党の設立は、日本の政治史上において大きな出来事であると思っています。この5年ほど続く安倍内閣に対して、草の根レベルでは様々な不満や批判が出てきました。みんなこのままでは日本はもたないとわかっている。しかし、他に選択肢がないから、安倍内閣のほうがマシだと沈みゆく船に皆がしがみついている。それがおおよその国民の現実だったと思うのです。

 そんな中、リベラルでセーフティーネット強化の考え方を持った立憲民主党が結党され、民進党時代には見えづらかったオルタナティブな方向性を打ち出した。まさに「もうひとつの船」が出てきた。やっと選択肢ができたという感覚だと思います。

枝野 半分は結果論だと思っています。今回の衆院選は様々な経緯があり、自民党との違いが自然に明確になりました。それが結果的に一定の支持につながったと思っています。

中島 まずは結党までの経緯を振り返りたいと思います。2017年の衆議院選挙を前にして、民進党の前原(誠司)代表が、希望の党に合流することを発表します。小池百合子都知事が中心になって立ち上げた希望の党への合流は、安倍一強政治を終わらせるための「現実主義」だと言い、そのために「現実的ではない」民主党内のリベラル派を排除する動きになりました。枝野さんたちを「非現実的な左派」というレッテルを貼ろうとする印象操作のような展開でしたね。

枝野 国粋主義的な保守二大政党を作ろうと思った場合、我々の勢力を「ゴリゴリの左派」とレッテル貼りする必要があったのでしょう。それでも成り立たないとは思いますが……。希望の党は、私たちに常にそのレッテルを貼り続けなければならない宿命にあったのかもしれません。そうしないと自分たちがわざわざ新党を作った意義を強調できないわけですから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大反響、発売即重版!「枝野演説」の真髄!混迷する現代の必読書

この連載について

初回を読む
保守と立憲 世界によって私が変えられないために

中島岳志

2018年7月20日、第196回国会の実質的な最終日、立憲民主党・枝野幸男代表によって行われた内閣不信任案趣旨説明演説は、その内容、格調の高さから憲政史に残る名演説と、大きな話題と共感を呼んだ。枝野演説の真髄といえる保守とは、立憲主義...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

re5eCruqutr こんな認識しかできないから普通の感覚の日本人からは支持されるはずはないでしょう。引っかかるのは反日左翼に洗脳された愚かな人間のみ。 立憲民主党が 1年以上前 replyretweetfavorite

YamamotoPotato 構成した対談がcakesに転載されました。→ 1年以上前 replyretweetfavorite

NarapoN1966 自称保守=改憲派右翼の立民を、社民党&共産党に近いカテゴリーに入れてる時点で、中島岳志ってつくづくダメだとしか思えないですな😱😤😩💆https://t.co/hbKalLQwRW 1年以上前 replyretweetfavorite

darasugo https://t.co/2s9eOr8Z14 1年以上前 replyretweetfavorite