移住者を増やすためにパン屋ができること

noteに『山の上のパン屋に人が集まるわけ』を公開して以来、独自の経営スタイルや働き方で注目を集める「パンと日用品の店 わざわざ」の平田はる香さん。
今回は前回に続いて地方での仕事の話。地方から人口が減っていく中で、パン屋としてできることはないのかと考えた平田さんがとった戦略とは?

前回に引き続き、仕事をどうやって地方で作っていくかという話の続きです。今日はパンと日用品の店「わざわざ」が具体的にどのように移住者の雇用を増やしていったのかを書いてみたいと思います。

移住者を増やしたい

こんな素晴らしい景色の中で働くことができる環境に感謝している。

どこの地方も全く同じ課題を持っていて、今後は過疎化や自治体の縮小と戦っていくことになるのだと思う。人口が減っていくことは明らかであるし、それを食い止めるような政策を仕掛けるのも至極当然に思う。

私は地方に移住してきて事業を始めたものとして、一時期、人口が減るということに対してとてもナーバスになったことがある。きっかけは、小売について考えていた時で、人口が減っていく地域=日本でどうやって売上を伸ばしていくのか?という現実問題に突き当たった時だった。経済成長全盛期ならばつゆ知らず、資本主義の構造上、売上を伸ばさないと生存できない企業にとって、市場が狭まっていくことは恐怖でしかない。

かと言って、わたしは世界で商売をしようと思ったことが殆どない。最終的に自分がお世話になった地域に利益を落としたいという気持ちがあるし、世界に市場を求めて出ていくことが如何にも資本主義的で好きではない。商売をしながら矛盾しているが、利益優先の仕事のやり方はよくないと思っている。

仕事とは生きることだと考えているし、誰かのために必要であるならば勝手に伸びる。そうでないのならば必要のない仕事であるということで、そんなものは端からやる必要さえなかったもの。世の中はそういう合理性で動いているのだから、仕方ないのだ。利益や拡大は正直言うと全く興味がないし、そういったものは、後から落し物のように付いてくるものだと思っている。

そして、その考えに拍車をかけたのが、東御市の人口ビジョンの有識者会議のメンバーに選ばれて会議に参加したことだった。市が算出したデータを元にどのように人口を維持していくかを考える数回の会議であったが、良策は特に出ないまま終わったように思う。会議の最年少参加者が私であり、人口が減るという現実に立ち向かうはずの若い人が全く選出されていないことへの疑問を持った。

私としては若者(若くはないが)として、尖った意見をできるだけ話そうとした記憶がある。いずれにせよ、人口が減るという現実のデータを目にして、移住者を増やすことがまず必要であるという認識に、確信を持った日でもあった。


わざわざとしてできることはないのか?

店で働く人、倉庫で働く人、少しずつ職種も増やすことをできた。

事業を行ないながら「移住者を増やしたい」という思いが段々と強くなっていった。外から働く人を呼ぶために、最初に考えたことが待遇を引き上げることだった。はっきり言って、理念とか仕事の内容は二の次だ。

まずはシンプルに給料を高くすればいいと考えた。都会から引っ越して来る時に一番引っかかるのが給料問題だと思う。年収200万のパン屋で誰が働きたいだろうか? 最低ラインは300万。それができたら400万から500万に引き上げる。今もこの目標に向かっていて、現在、正社員の給料は400万円近くにまで上がってきている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ynkenta 地方×パン 1年以上前 replyretweetfavorite

yourmyken 今回も素晴らしい。意識は高く地に足のついた考えた行動。 1年以上前 replyretweetfavorite

AKKmemo 学びが多い。「最終的に自分がお世話になった地域に利益を落としたいという気持ちがある」なんて、なかなか言えない(その気持ちを持つに至らない)と思う。 https://t.co/lF5rjtLs7v 1年以上前 replyretweetfavorite

ossaa_log 僕もこんな「絵」を想像しています。 まずは一人で宿屋からスタート😀 1年以上前 replyretweetfavorite