​スクリーニングされない優秀者が集まった「第四新卒」

50代中心の“オッサン”を「第四新卒」と名づけて一括採用し、成功を収める森下仁丹株式会社代表取締役社長・駒村純一氏。自身も三菱商事で30年間勤めたのち、52歳でさらなるチャレンジを求めて森下仁丹に転職、「赤字30億円」という倒産危機からわずか3年でV字復活を成し遂げた「第四新卒の成功者」だ。 NHK『クローズアップ現代+』、テレビ東京『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』でも話題沸騰の著者による『逆転発想の人材・組織改革術』をcakesで特別連載!

「第四新卒」で採用された人たちのタイプは

「第四新卒」として募集をかけたことで、2200人の本当に幅広いバックグラウンドの方々から応募をいただきました。

例えば、「開発部門で人材求む」とセグメントして求人を呼びかけると、どうしても似たようなキャリアの、比較的能力が近い方ばかりが応募してきます。

転職エージェントに求人を依頼しても、薬学系のバックグラウンドを持っている人を勧めてきますので、やはり同じような人たちが集まってきます。

しかし、今回の第四新卒採用は「次のキャリアにチャレンジしようとする人材」と、やや抽象的に呼びかけて、直接当社に応募してもらいました。つまり、エージェントのフィルターがかかる前の段階で、求職者の履歴書を見ることができたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
逆転発想の人材・組織改革術

駒村純一

NHK『クローズアップ現代+』、テレビ東京『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』で話題沸騰! 全管理職、経営者必読の森下仁丹流・「ミドル転職」の人材活用術。 52歳で、大手商社から創業110年の森下仁丹に転職。赤字30億円の倒産危機に瀕...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません