#21 アップルのクックCEO絶賛 82歳の飽くなきチャレンジ(若宮正子)

アップルが年に1度開催している開発者会議で、10歳の最年少開発者と共に紹介されたのは82歳の“おばあちゃん”。好奇心が強く、80歳を越えてからプログラミングに挑戦。新しい一歩を踏み出すコツを聞いた。

──定年後のおよそ20年間のセカンドキャリアを振り返って、どう感じていますか。

 そもそも定年前は、セカンドキャリアなんて全く考えていませんでした。当時の平均寿命は今ほど長くなかったので、定年になって少ししたら亡くなると思っていたんですね。

 それがまさか80歳を過ぎてからプログラミングを始めたり、海外で英語のスピーチをしたりすることになるなんて思ってもみませんでした。

──パソコンに興味を持つようになったきっかけは何ですか。

 とても“新しもの好き”なんです。40代のころから毎年、海外へ一人旅をするくらい。パソコンも、Windows95が出る少し前、MS-DOSのころから始めていました。定年後、母を自宅で介護することが多かったので、チャットで外の人とおしゃべりがしたかった。それでインターネットを始めました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
副業 ~人生を再選択する~

週刊ダイヤモンド

働き方改革の掛け声の下、政府は副業容認へと大きくかじを切った。世はまさに副業ブームだ。これまで副業は、小遣い稼ぎや収入補填のイメージが強かった。しかし最近では、本業のスキルを磨く、転職・起業に備える、好きを仕事にする、定年後も働くとい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません