網は構えて待つだけ。トビウオ・フィーバー・タイム【諏訪之瀬島①】

島好き最後の聖地「トカラ列島」のかつてないエッセイ&ガイド『トカラ列島秘境さんぽ』より、島の魅力をお届けする連載。
活火山の島、諏訪之瀬島でトビウオすくいに挑戦しました!

釣人の憧れの聖地へ

諏訪之瀬島(すわのせじま)って、あれでしょ?ヒッピーの島でしょ?」

諏訪之瀬島の名前を出すと、年配の人からはそう言われる事が多い。けれど、それは60〜70年代頃、けっこう昔の話だ。その時代に移住した人も2組住んでいる。が、彼らが移住してから流れた月日は約40年。もうすっかり島人だ。言われないと正直わからない。

今、諏訪之瀬島と聞いて瞳を輝かすのは、断然「ロウニンアジ(通称、GT)」狙いの釣人だ。5~6月、トカラ列島にはトビウオが産卵のために各島の港の中まで入ってくる。それを追いかけて来るのがGTだ。成魚は体長180センチメートル、体重80キロにもなるという大型魚。それが船で沖に出ずとも港の防波堤で釣れるのは、この時期のトカラ列島ならでは。
しかも、トビウオは港から「釣る」のではなく網で「すくう」のだと言う。金魚すくいならぬ、トビウオすくい!海上をビュンビュンと飛びまくるトビウオをどうやってすくうのか? 見、見たい!そして自分でもすくいたい!思い立ったら吉日。1年に1度だけ運航するレントゲン便に乗って、私は諏訪之瀬島に降り立ったのだった。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

トカラ列島の魅力を凝縮!

トカラ列島 秘境さんぽ

松鳥 むう
西日本出版社
2018-07-26

この連載について

初回を読む
島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ

松鳥むう

島好きイラストエッセイスト・松鳥むうがおくる、かつてないトカラ列島ガイド&エッセイ! 『島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ』より抜粋し、まだまだ知られていない日本の離島を紹介します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません