柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第25回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ファミコン時代の名作「UGOコレクション」全十本の移植という大きな依頼を受ける。ただ、実現には大きな障害があった。それは最後のゲーム「Aホークツイン」の権利だけを買い取った、開発者の赤瀬裕吾が行方不明であること。二人は赤瀬探しに奔走する。
電子書籍文芸誌「yom yom」の人気連載を出張公開!

「灰江田ちゃん、こっちこっち」
 ホテルのティーラウンジに着くと、山崎が声をかけてきた。半個室になったスペースは、灰江田が予約しておいた。その場所に、山崎と静枝がすでに来ている。静枝は今日は、こざっぱりとしたスーツを着ている。灰江田は二人に挨拶をしてコーギーとともに席に座った。
「お待たせしました」
「灰江田ちゃんたちが遅れたらどうしようと思っていたよ」
 山崎が、時間を気にするように言う。
「さすがに大丈夫ですよ。まだ四十分以上ありますから。それに俺たちの方が遅くなることはないです。会場で顔は見かけませんでしたけど、カンファレンスの準備でヒューゴー氏もあちらにいたでしょうから。そうでなければ講演の一時間後なんて指定しないですよ」
 灰江田は講演が終わってすぐに会場を出た。瞬間移動でもしない限り、追い越されることはない。
「それにしても、灰江田さんが父を見つけ出すとは、思っていませんでした」
 静枝が、感心した様子で言う。
「まあ、俺自身も、今回は無理かなと思っていたしな」
「あと、灰江田さんの評判を、業界の人に聞きました」
「へー、どうだった」
「面倒見がよく、いい仕事をするけど、金儲けは下手だそうです」
「うへえ。随分と辛辣だな」
「私の意見ではなく、あなたの同業者の意見です」
 灰江田は肩をすくめてから、コーヒーを注文する。そのあと、ポケットからあるものを出してテーブルに置いた。ヒューゴー・アックスが、赤瀬裕吾なら反応するはずのものだ。
 約束の時間になった。アルゴ・エドの社長ヒューゴー・アックスが、四十代ぐらいの女性秘書とともに現れた。
 灰江田は立ち上がり、ヒューゴーたちを迎える。ヒューゴーは、長身痩躯を仕立てのよいスーツで包んでいた。白いものがまじった髪はオールバックにしている。あごと鼻の下は髭に覆われ、顔には深いしわが刻まれている。彼は銀縁の眼鏡をかけており、目の下に隈があった。その目からは冷たい光が発せられている。冷酷な経営者。そうした印象の男だった。
「初めましてヒューゴー・アックスです」
 アルゴ・エドの社長は、その場にいる全員に向けて、日本語で語りかけた。低く重い声。なまりはない。日本で育った者が話す日本語だ。赤瀬裕吾だ。おそらく灰江田だけでなく、他の者も同じ意見を持っただろう。
 ヒューゴーが、空いた席の前に置かれたものに気づく。顔に驚きの色が浮かんだ。鶴や犬や象──折り紙の動物。それは、静枝が持ってきたアルバム、雑誌のインタビュー記事、アルゴ・エドのパーティーの写真、いずれにも写っていたものだ。
 灰江田は挨拶する。そして、まずは山崎のことを紹介した。
「今日、同席してもらう、白鳳アミューズメントの山崎さんです」
 会社名を聞き、ヒューゴーの目が大きくなった。灰江田はその様子を確かめ、話を続ける。
「山崎さんは版権管理部の部長で、UGOコレクションという赤瀬裕吾さんのゲームコレクションの、移植プロジェクトを推進しています」
 鋼鉄のビジネスマンといった印象だったヒューゴーが、動揺するのが分かった。やはり、ヒューゴー・アックスは赤瀬裕吾なのだ。灰江田は追い打ちをかけるように次の同席者の名前を告げる。
「こちらは鈴原静枝さんです。鈴原房枝(ふさえ)さんと赤瀬裕吾さんの娘さんになります」
 ヒューゴーの顔が青ざめる。秘書の女性が、怪訝な様子でヒューゴーと灰江田たちを見比べる。灰江田は移植担当者としてコーギーも紹介した。
 ヒューゴーは立ったまま折り紙の動物を取り上げた。指先はわずかに震えている。ヒューゴーは手元を見ながら、呆然とした顔をしている。
「赤瀬裕吾さんですね」
 沈黙がしばらく続く。
「そうだ」
 返事を聞き、灰江田は安堵の息を漏らす。ここまでして人違いだったでは目も当てられない。秘書の女性は戸惑っている。おそらく日本での名前を聞いたことがないのだろう。赤瀬は、身近な人間にも過去を告げず、故郷を遠く離れた土地で暮らしていた。もう赤瀬も理解しているだろう。この場を設けた目的が商談ではなく、彼の日本時代の出来事だということを。
「お父さん」
 静枝の声に赤瀬は答えない。秘書がなにか言おうとした。その発言を手で遮り、赤瀬は灰江田に視線を向ける。
「今日の目的は、なんでしょうか」
 席に着き、赤瀬は告げる。赤瀬は娘を無視して、灰江田だけを相手にしようとする。立ちはだかる巨大な氷壁。彼は、威厳あふれるビジネスマンの表情を取り戻していた。
「二つあります。どちらも、あなたの過去にまつわることです」
 灰江田の言葉に、赤瀬は全身に緊張をみなぎらせる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載25話目掲載中。レトロゲーム移植会社2人のお話です。最新話→ https://t.co/HOZRMSBAD2 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ… https://t.co/7ooWanO9Bb 2ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載25話目。レトロゲーム移植会社2人のお話です。最新話→ https://t.co/HOZRMSBAD2 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ #cakes… https://t.co/kz7pjdnC96 3ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載25話目公開中です。レトロゲーム移植会社の2人のお話です。最新話→ https://t.co/HOZRMSBAD2 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ… https://t.co/bQWM7rYXuL 3ヶ月前 replyretweetfavorite