写真で話そう

社会のあり方の違いが現れる「肖像画」

写真家・ワタナベアニさんのポートレート連載。現代の「肖像画」であるポートレート写真。そこには地域や国によって、その社会におけるあり方の違いがあらわれます。

ワタナベアニです。ポートレートは「肖像画」のことですけど、写真でも同じです。洋の東西を問わず、肖像画を残す人々は庶民ではなかったので、モデルとなる人物の威厳や伝統を誇示する目的を伴って生まれたことが容易に推測できます。

そこから現代の「ポートレート」に変化していきますが、その方向は社会によっても大きく違います。試しにgoogleの画像検索に「女性 ポートレート」「female portrait」と打ち込んで、その結果を見比べてみてください。

日本の女性ポートレートは背景に爽やかな緑がボケボケにボケていて、多くのモデルは若く、笑っています。服装もフェミニンさを強調していて、カラー写真が多いことがわかります。

英語で検索した方の写真の多くは、年齢をあまり気にしない、意志の強い顔でレンズを睨んでいます。背景はほぼシンプルな黒バックや白バックで何も写っていません。モノクロ写真が多く、カラー写真でも服はモノトーンが多いですね。

このふたつは写真表現の差というより「女性をどう撮るか」「女性をどんな存在として見ているのか」の考え方、もっと言ってしまえば社会のあり方の違いまでもが写っていると言えましょう。レンズに微笑む女性のあり方をよしとするのか、レンズを睨む意志の強さを好むのか。

「ポートレートは自分を写している」と言われたりします。写るのはモデルではなく、撮っている人の理想像だからです。

帯の絵柄が素敵です。

ついつい凜々しいカンジで写したくなる人。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pepbarca このかたの撮る女性がすごく好き 写真家ワタナベアニ https://t.co/y4nJzPHF68 1年以上前 replyretweetfavorite