台湾から見たら、日本は「カミングアウトできない国」?

今回、牧村さんのもとには、台湾の女性から「日本にワーキングホリデーしに行くのですが、同性愛者であることを隠さねばならないというのは本当ですか?」というご投稿が届きました。「このために友達を作れないのは不安です」という相談者さんのお悩みに、牧村さんはご自身のエピソードを交えながら、本質をついた言葉を投げかけます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

世界各国のレズビアンバーをめぐるのが趣味です。

ゲイミックスのお店や、閉店したお店を除いたとしても、今のところ、5カ国7都市14店舗まわりました。(えっへん。)

いろんな国で「日本人です」と言うと、ほんといろんな反応をいただきます。ざっくりまとめると日本、「あんまりレズビアンがいなさそう」って思われてるみたいなのね。

だから、答えます。「日本にだって、女を愛する女は、昔からちゃんと存在してきたんだ」って。相手が興味を持ってくれたなら、紹介します。この列島に生きた、女を愛する女たちの、豊かな歴史と文化とを。

たとえば、明治〜昭和を女性パートナーと添い遂げた作家・吉屋信子のこと。「おん身も女 われも女」と、恋心を隠し離れて暮らす寂しさを綴った恋文に、エジンバラで遠距離恋愛中の女性は、蜂蜜酒の水面を揺らして甘いため息をついていました。

それから、メイド服やアニソンで踊る日本のレズビアンイベントの動画。パリに住む漫画好きのエンジニアは、カワイイ〜!絶対日本語勉強する〜!って鼻息を荒くしていました。あと、その動画のURL送って!!って。

楽しい!

ね、こうして、期待して日本にきてくれる人がいるのよ。一緒に楽しみたいじゃない?

今回は、アジアで初めて結婚制度を同性間にもひらこうとしている台湾の方から、「日本に行くのですが、同性愛者であることを隠さねばならないというのは本当ですか?」とご投稿をいただきました。この方がせっかくいらした日本で息苦しい思いをなさっては残念ですから、ぜひ一緒に考えていきましょう。対話形式でご紹介します。

牧村さん、こんにちは。私は台湾出身、27歳のレズです。

哈囉〜♡ こんにちは。わたしは日本出身、31歳の美女です♡

ねえねえ台湾の言葉だとレズビアンのこと「拉拉(ララ)」っていうんですって? 本当? 可愛すぎない? わたしたちララちゃんだし、女同志(ニュートンジー)じゃない。最強〜。

日本語ではレズってポルノのジャンル名だったり、蔑称として使われた歴史があったりするから、「レズビアン」って略さずに言うか、「ビアン」って後半部分を使うか、あえて「レズで〜す」って軽めに自称して言葉を取り戻すかだけど。そういう試行錯誤をしてきたからこそ、「ララ♡」っていうオリジナルなノリはなんか憧れちゃうの。ねえ日本にも広めましょ、拉拉! キュートだわ! 漢字出すときに「ラーメン(拉麺)」で変換して麺だけ消すところもキュートだわ!

あらあら、ついついララちゃんの話ばっかりごめんなさいね。お伺いしましょう。どうなさったの。

9月に日本にワーキングホリデーしに行くつもりですが…台湾人と日本人の友達が「日本に来たら、自分はレズのことを言わないほうがいいよ。」って言ってくれました。

わあお!

日本で本当にカンミングアウトがだめのことですか?自分もこのために友達を作れないって不安しています。もし他人に好きの男性はどんなタイプで聞いたら、自分も嘘をつきあくない…。こんな場合はどうすればいいですか?よろしいお願いします。
(全文をそのまま掲載しました)


ご投稿ありがとうございます。そして、ようこそ日本へ。歓迎光臨〜。

そうよね、嘘つきたくないわよね。よく「なんでわざわざカミングアウトするんだ」って言われることがあるけど、違うのよね。カミングアウトしないほうがよっぽど「わざわざ」なのよ。

例をあげていらっしゃるように、「好きな男性のタイプは?」って聞かれて(いや本当は女性が好きなんだけどな)って思いながら「織田……信長……?」とか答えて誤魔化すほうがよっぽど疲れるわけ。友情も築きにくいし。そしてそういう、身を守るための小さな嘘、一つ一つは小さな砂粒にすぎなくても、毎日毎日続くと砂嵐になって身を削る。だから「日本ではカミングアウトしないで砂嵐に耐えてください」なんて、わたしは言いたくないの。わたしだって砂嵐に耐えてきて、痛かったもん。やだったもん。やだわよね〜〜〜。や〜〜〜〜。

いや、もう、ぜ〜んぜんOKよ、って、本当は言いたいわ。ってことで今まさに女を愛する女として、カミングアウトどころかフルオープン状態でこの日本語の文章を書いております。病院、交番、銀行、市役所、大使館、不動産屋さん、あらゆる場面で、「女と家族やってる女です」ってわたしは主張してきたし、美容室で「このスタイルなら男性ウケもいいですよ」って言われたって「いや〜女性ウケしたいですね」ってきっぱり言ってきたし。「女にモテる髪型にしてください♡」って。

そりゃその結果、変なこと言ってくる人はいたわよ。

(1)女が女を好きだと言っただけで勝手に「あっエッチな動画に出てくるあのレズっていう生き物だ」と認定して「いつからレズに目覚めたの!?どんな交尾するの!?レズなら男におっぱい触られてもなんとも思わないでしょ、触っていい!?」などと夏休みの自然観察を始めるはなたれ小僧

→レズビアンもお前と同じく人間なんですけどという話です。

(2)「え?同性愛?隠れてやってくれる分には構わないんだけどね〜子供に悪影響だし権利権利うるさく言うなよって思うな〜日本じゃなくてアメリカ行けば?せめて新宿とか渋谷とか?あっちは寛容なんだよ、知ってた?」などと暗に人を追いやろうとする大地主様

→レズビアンもお前と同じく人間なんですけどという話です(二回目)。もちろん子供だったことだってあるんだぞ。

……以上、日本で女を愛する女として生きる過程で遭遇したダメ案件をお送りいたしました。うふふ、ダメね。

でもこれね、「日本がダメなんだ」とか「こんな自分がダメなんだ」とか「レズビアン同士じゃないと友達になれない、レズビアンバーの外では隠れないとダメなんだ」っていう風にはわたし、絶対思わないようにしてるの。話はもっとシンプルよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makimuuuuuu 「好きなタイプ……織田信長……?いや、野心すごいし……?」みたいなこともうやりたくなああああい😫本当は篠崎愛ちゃんが焼肉食ってる姿のほうがすっきいいいいいいいいいいいいい😫😫😫😫😫💕https://t.co/6xSR4QifBk https://t.co/caAYzC9Mnu 5ヶ月前 replyretweetfavorite

seiyoumitubati そうだそうだー!黙らされてたまるかですよー 5ヶ月前 replyretweetfavorite

shiranli 今回のめっちゃ好きまきむぅ天才 ララ~~ 5ヶ月前 replyretweetfavorite