強権的なウヨク政権、教条的なサヨク運動でもない「リベラル保守」

7月20日、立憲民主党・枝野幸男代表による内閣不信任案趣旨説明演説は、その内容、格調の高さから憲政史に残る名演説と、大きな話題と共感を呼びました。枝野演説の真髄といえる保守、立憲主義とは。政治学者・中島岳志の新刊『保守と立憲』より「保守と立憲――不完全な私たち」「リベラルな現実主義――対談・枝野幸男」の2章を緊急配信。強権的なウヨク政権でもなく、教条的なサヨク運動でもない「リベラル保守」について。

共産党の内政面での政策は、どの政党よりも保守的

「Ⅱ」の路線を取る政党が共闘して選挙に勝ち、政権を担うためには、日本共産党の存在を無視することはできません。小選挙区で1対1の勝負に持ち込むためには、共産党との選挙協力が不可欠です。希望の党のもうひとつの失敗は、「共産党と選挙協力をすると左傾化する」と考え、野党共闘を拒絶した点にあります。

 しかし、共産党の掲げる政策をじっくりと吟味すると、極めて保守的であることに気づかされます。例えば、新自由主義やグローバル資本主義の暴走に対峙し、「TPP反対」を掲げ、農家や中小企業を守ろうとしています。大企業の過剰な内部留保と利益を中小企業など社会に還元し、家計・内需主導の安定路線を目指しています。共産党の内政面での政策は、どの政党よりも保守的です。

 つまり、共産党と組むことで左傾化するのではなく、共産党の政策を取り込むことによってこそ、本来の保守へと接近するという逆説が存在するのです。ここが共産党との関係を構築するうえで重要なポイントとなります。

 もちろん、政党間の齟齬は存在します。最大の問題はアメリカとの関係でしょう。共産党は「日米安保条約の廃止」を主張し、「対等平等の日米友好条約」を結んだうえで、日本国内の米軍基地の撤退を訴えます。対米従属を批判する共産党の主張は、本来の保守派の路線と軌を一にしますが、現実的には一気に同盟関係の解消を進めることは難しいでしょう。野党共闘を進めるためには、対米関係についての短期的・中期的・長期的ヴィジョンを調整する必要があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大反響!「枝野演説」の原点。混迷する現代の必読書

この連載について

初回を読む
保守と立憲 世界によって私が変えられないために

中島岳志

2018年7月20日、第196回国会の実質的な最終日、立憲民主党・枝野幸男代表によって行われた内閣不信任案趣旨説明演説は、その内容、格調の高さから憲政史に残る名演説と、大きな話題と共感を呼んだ。枝野演説の真髄といえる保守とは、立憲主義...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

germany0092 ・中島岳志の政党分布図。https://t.co/k1JTzRf5pd https://t.co/S7dAYPnxo6 1年以上前 replyretweetfavorite

dahiko_t 共産党の内政面での政策は、どの政党よりも保守的 https://t.co/WZs0ZmSD2X 約2年前 replyretweetfavorite

awoyama_robroy うわあ…アホだ… #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

higurasi2121 極左の何処が寛容なんだ? 約2年前 replyretweetfavorite