大谷翔平—「エンゼルス決定までの二週間」の思い出

「僕のこれまでが詰まった一冊です。」――大谷翔平
「メジャーのトップに行きたい。 長く野球を続けたい。 何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」ーースポーツライター・佐々木亨氏が、大谷翔平選手の 幼少期から高校・プロ野球時代、メジャーまで、その軌跡と裏側を追った、渾身の書『道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~』から【第一章 決断】を特別連載!

●カリフォルニアでの入団会見

 髪の分け目を少しだけ変えた精悍な顔立ちで、上着を左腕にかけた大谷翔平がレッドカーペットを歩く。193センチの身をわずかにかがめ、白いシャツに濃い目の赤いネクタイ姿の彼は、アメリカ西海岸に広がる空のような爽快な表情を浮かべていた。

 空は青く、空気は澄んでいる。薄っすらと伸びる白雲の隙間からはカリフォルニアの日差しが照りつける。気温は三十度を超えていた。

 それらすべてが、海をわたってきた若者を祝福しているかのようだった。

「緊張はしましたよ」

 本拠地となるロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのスタジアムで開かれた入団会見を思い出し、大谷は茶目っ気のある笑い顔を見せるのだ。

 エンゼルスカラーの真っ赤なユニフォームに初めて袖を通したときはこう思ったという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~

佐々木 亨

「僕のこれまでが詰まった一冊です。」――大谷翔平 「メジャーのトップに行きたい。 長く野球を続けたい。 何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」ーー 幼少期から高校・プロ野球時代、メジャーまで、その軌跡と裏側を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikki_0306 cakesで連載か〜。この本は大谷関連書籍の中でも出色。 1年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 キャアアア!絶対買わなきゃ QT 1年以上前 replyretweetfavorite

yasuhiko_tanaka *佐々木 亨|道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~ https://t.co/YRKIobhX6C 1年以上前 replyretweetfavorite