#20 定年後も必要とされる人材の条件 キャリアより人柄が大事

所得も年金も増えず、「セカンドキャリアを身に付けて働けるうちは働きたい」と願う人が増えている。しかし高齢者雇用の現場から浮かぶのは「キャリアよりも大事なものがある」現実だ。

 「高齢者の、高齢者による、高齢者のための会社」──。東証2部上場のマイスターエンジニアリングの子会社で、高齢者の人材派遣や紹介を行っているマイスター60は、まさにそんな会社だ。

 希望者は同社と雇用契約を結び、派遣先が決まる。仕事はビル施設や設備のメンテナンス、建築設計、施工管理が多い。現在、約280人いる派遣社員の平均年齢は64.6歳で、65歳以上が196人いて全体の7割を占める。最高齢は80歳。またマイスター60の本部スタッフ約45人も60歳以上の人たちがほとんどで、最高齢は76歳でバリバリの営業担当だ。

 もちろん、高齢者なら誰でも働けるというわけではない。どんなキャリアが必要とされるのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
副業 ~人生を再選択する~

週刊ダイヤモンド

働き方改革の掛け声の下、政府は副業容認へと大きくかじを切った。世はまさに副業ブームだ。これまで副業は、小遣い稼ぎや収入補填のイメージが強かった。しかし最近では、本業のスキルを磨く、転職・起業に備える、好きを仕事にする、定年後も働くとい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません