友達になった同い年のヘルス嬢に「疲れちゃったな」と言われた夜

「そのやれたかもは誰かを休ませる屋根になるのかもしれない」——今回の「やれたかも」は、30歳・君塚浩が大学4年生だったころのお話。隣人の紹介により風俗嬢の引越しを手伝うようになった君塚は、あるとき同い年のヘルス嬢、川北あかねに出会います。彼女に一方的に呼び出されてはご飯を食べる関係が数ヶ月続いていたある夜、あかねに「疲れちゃったな」と言われ……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yunyunyuan 女の子の気持ちがよーくわかる… 3ヶ月前 replyretweetfavorite

trigger3105 今日もいい「やれたかも」でした。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

larcfortdunord 冷静に読んだけど非モテの典型パターン過ぎてなんつうか。ホテル入ってからのコミュニケーションが足りねえ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

to_mg_tto 男性諸君がエロい女、誘ってる女、を語るときにずっと感じていたモヤモヤは何だったのか、満子女史が解説してくれてた。 --何に興奮するかは自由ですが、その興奮は森羅万象全世界と無関係 https://t.co/ej0XzulxYD 3ヶ月前 replyretweetfavorite