薄毛の有効な治療薬は「フィナステリド」と「ミノキシジル」だけ

毛髪が薄くなる現象には、いくつか種類がある。円形脱毛症、エイジングヘア(加齢と共に髪の毛が痩せること)、あるいは過度なシャンプーやブラッシングによって頭皮が傷つき、毛髪が薄くなることもある。中でも男性に最も共通して起こりやすいのはAGA、その名も「男性型脱毛症」だ。そこで、東京メモリアルクリニック・平山院長、佐藤明男氏に、AGAに有効な治療法について話を伺った。

・「フィナステリド」が毛周期をのばす

前回連載でご紹介した柳生氏の項目で学んできたが、髪の毛は毛根にある酵素の種類によって2種類に分けられ、頭頂部は「5αリダクターゼⅡ型」の存在頻度が高いので薄毛になる部位であり、「5αリダクターゼⅡ型」の存在頻度の低い側頭部、後頭部は薄毛になりにくい。 後者が薄毛になりにくい理由について、佐藤氏は次のように語る。

「これは私見ですが、我々の祖先はかつて、『四足歩行』でした。すると、現状で私たちの側頭部、後頭部にあたる部分は『たてがみ』だったわけです。頭頂部は、後になって我々が直立歩行するようになって、紫外線から身を守るためにできたもの、と考えられます。 つまり、『5αリダクターゼⅡ型』の存在頻度の低い側頭部や後頭部の髪の毛は、生物として古くから必要な部分の髪の毛だったからこそ、『薄毛』にもなりにくい。このように私は考えています」

なお、赤道直下の国に住む人々は、紫外線から守るため頭頂部の毛髪が多く、赤道から遠いヨーロッパなどの国の人々は、頭頂部の薄毛に悩む方が多いそうだ。実際、オーストラリアに住む白人は、もともと欧州から移住してきた人々であり、赤道直下の強い紫外線に抵抗する色素をもたないため、皮膚がんになる人が非常に多いという。

それでは、AGAにはどんな薬が有効なのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

老いと病を寄せつけない一生モノの「結論」

この連載について

初回を読む
最強の健康法 病気にならない最先端科学編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「本当に効果のある、100歳までの健康法とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、 順天堂...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sigekun @keynon2525 https://t.co/f5PQBGzGW3 1年以上前 replyretweetfavorite

ogugel この記事の考察で薄毛治療は今後クリスパーキャスナインに期待していこう!薄毛どころか白髪も特効薬が出来ると思う。 1年以上前 replyretweetfavorite