​とにかく人付き合いが苦手

Twitter、Facebook、Instagramと、SNSはとにかくコミュニケーションを求められるツール。実は携帯電話さえ持っていない林伸次さん。SNSをうまく使いこなせないことが悩みだそうですが、なんで苦手なんでしょうか。

SNSをうまく使いこなせません

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕はツイッターを2010年からやっていて、今でも毎日必ず何かをツイートしています。先日、やっとフォロワーが9000人を越えました。でも20年も渋谷でお店をやっていて、たまにメディアなんかにも出ていたら、普通は1万とか2万になっているそうなんです。

「ツイッターのフォロワーの増やし方」みたいな記事を見ると、やっぱり「面白い140文字」が必要みたいなんです。僕、そういう140文字にまとめるの、あんまり得意じゃないんです。

あるいは、「有名人とからめ」ってよく書いてありますよね。たまにフォロワー何万って人達が僕の記事についてツイートしてくれることがあって、それを「引用リツイート」すれば良いというのはわかってるんです。でも、なんか「俺、こんな有名人と仲良いんだよ~!」って言ってるようで、ちょっと気恥ずかしい気持ちになってできないんです。。

または「会ったことのない人でも積極的に絡め」みたいなことも書いてありますよね。でも、やっぱり「会ったことない人」って躊躇しちゃうんです。bar bossaに飲みに来てくれて、実は変な人だったら困るなあと警戒してしまうんです。

まあでもツイッターって、最近はそんなにメインストリームでもないからいいかなって思うのですが、先日、燃え殻さんが「ツイッターは普通の人は減っても、やっぱりプロの場所だから」って説明してて、そうなんだよなあ、政治家や有名人が「公式発表」する場所でもあるから、やっぱりちゃんとやらなきゃなあって思うんです。

あるいは僕、Facebookで「林伸次」っていう個人のアカウントは作ってないんですね。本当はちゃんと作って、出た学校名や働いた職場なんかもちゃんと書いて、昔の友人達ともみんな繋がって、今、お仕事している人やお客さん達とも繋がれば、普通に1000人、2000人と友達はできるはずなんです。

そういうことをやっておけば、今回出した『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』も、Facebookで投稿したら、昔の友人とかが「俺の中学の友達が小説出したから買ってあげて!」って感じでシェアしてくれたりするんでしょうか。

でも、なんかそういう交流が面倒なんです。「あ、この人には昔のあだ名で話しかけるべきかな」とか、僕は徳島出身なので「この人には徳島弁で話しかけようかな」とか色々と考えるのが億劫なんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wazawazapan 林さん、わかります。 わかりますって言いたくなるー。あぁ、わたしも本当に人付き合いが苦手。 とにかく人付き合いが苦手|林伸次 @bar_bossa | 7ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci とにかく人付き合いが苦手|林伸次 @bar_bossa | 7ヶ月前 replyretweetfavorite

yosshiko わかりみが過ぎる・・・。 ​ とにかく人付き合いが苦手|林伸次 @bar_bossa | 7ヶ月前 replyretweetfavorite