柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和「レトロゲームファクトリー」第24回

レトロゲームを最新機用に移植する会社「レトロゲームファクトリー」。社長の灰江田直樹とプログラマーの白野高義(コーギー)は、ファミコン時代の名作「UGOコレクション」全十本の移植という大きな依頼を受ける。ただ、実現には大きな障害があった。それは最後のゲーム「Aホークツイン」の権利だけを買い取った、開発者の赤瀬裕吾が行方不明であること。二人は赤瀬探しに奔走する。
電子書籍文芸誌「yom yom」の人気連載を出張公開!

 灰江田は体を寄せて確認する。面影がある。静枝が誕生した頃の赤瀬に、雰囲気が似ている。しかし、年老いて髭を生やしているために、同じ人物だと断言できない。
「ヒューゴーさんが、このバーベキューパーティーに来たのは非常に珍しいことだそうです。社員の子供が生まれたお祝いとかで、そういうときでもなければ参加しないと言っていました。
 独裁者。意見の合わない社員をすぐに首にする。あまりフレンドリーな人ではないみたいです。どちらかというと怖い人。そういった社内評価です」
 写真をながめていた灰江田は、あるいはと思い、口を開く。
「コーギー。この写真を送ってくれた人に、その日の赤ん坊の写真はないか尋ねてくれ」
「聞いてみます」
 しばらく待ち、画像が届いた。子供が寝ている新生児用のベビーカーが写っている。その横のテーブルに、予想したものがあった。いくつもの動物の折り紙。静枝が赤ん坊のときと同じだ。こうした行動を取る人間が、そう何人もいるとは思えない。赤瀬裕吾だ。灰江田は確信する。姿を消した男に、ようやくたどり着いた。拳を握り、その喜びを噛み締める。
「コーギー。なんとかしてヒューゴーに連絡を取れないか」
「連絡先は非公開、SNSもしていないですからね。社員でも気軽に話しかけられないようです。取材も受けていないみたいですし。ちょっと待ってください──」
 コーギーはメッセージを連続して送る。
「灰江田さん」
 しばらくして、コーギーが顔を上げた。
「なんだ」
「ヒューゴーさん、今月、日本に来る予定があるそうです。エドテック系のカンファレンスに、アルゴ・エドが参加して、CTOが講演をおこないます。ヒューゴーさんは、商談目的で一緒に行くと教えてくれました」
 取材を受けないだけで、人前に姿を現さないというわけではない。商談には赴くし、今後力を入れたい市場には足を運ぶのだろう。
「どうにかして、そのタイミングでアポが取れないか。理由はなんでもいい。上手いこと会う機会を作りたい」
「分かりました。ただ、正攻法は難しいと思います。少し情報収集して作戦を練りましょう」
 コーギーはふたたび画面に向かう。コーギーは、こうした作業に随分と慣れているようだ。灰江田は空になったコーヒーカップを見て、ナナにおかわりを要求した。
 新しいコーヒーを待つあいだに店内を見渡す。髭をたくわえた英国紳士風の猪(いの)股(また)が、持参したファミコンカセットを優雅に並べ、三十代前半の若い男と語り合っていた。
「見ない顔だな」
「ああ、一杯さんですか。ちょっと前から来ていますよ。最近ゲームの専門学校を出て、いまは就職活動中で、その合間に来ているそうです。ゲーム、相当やり込んでいますよ」
 コーギーが答える。
「珍しい名前だな」
「いや、本当の名前は酒見(さかみ)さんです。常連には猪鹿蝶(いのしかちょう)だけでなく、花も月もいる。そこに酒が加わったから一杯って、ナナさんがいつもの調子で命名したんです」
「おいおい、花札かよ」
 花や月は、小説家の花井(はない)、マンガ家の大月(おおつき)のことだろう。そうした職業の人間も、この店に顔を出している。
 酒見はカセットを一つ選び、端子部に息を吹きかけようとする。その行為を、猪股が手で遮ってやめさせた。
「金属端子に息を吹きかけると、さびて故障の原因になります。だから、ほこりや汚れを取り除く際には、クリーニングキットを使います」
 酒見は慌てて謝る。彼が手にしているのはスカイキッド、名作シューティングゲームだ。彼はそのゲームを遊び始めた。酒見の目は輝いている。彼もこの店の常連たちと同じで、ゲームが好きなのだろう。客として定着すればいいんだがな。灰江田は心の底から思う。レトロゲームを懐かしがり、扉を開けても、何度も通って常連になる者は少ない。人は過去ではなく未来を見て生きている。ここは思い出の世界で生きるマイノリティーたちが集う場所だ。
 少しでもレトロゲームを楽しむ人が増えて欲しい。そうなれば俺の商売もやりやすくなるのだが。灰江田は酒見を見て、そう思った。

■第五章 カンファレンス

 灰江田は、レトロゲームファクトリー名義で、アルゴ・エドにコンタクトを取った。ゲーム会社が、教育向けソフトウェアの会社に接触する。それ自体は突飛なことではない。娯楽と教育の違いはあれど、ゲーム会社の中には子供を対象にビジネスをしているところもある。異業種とはいえ、それほど遠いわけではない。
 ただ、灰江田の会社は非常に小さい。ビジネスの提案をしても営業担当が一人出てきて終わりだろう。そこで山崎の力を借りた。白鳳アミューズメントが出資している未成年向けゲーム開発コンテスト。毎年開催されるイベントの名前を出す許可を取った。
 アルゴ・エドのソフトでゲームを作っている子供は、世界で数百万人にのぼる。ゲームを開発する子供たちは、アルゴ・エドにとって重要なターゲットだ。日本でおこなわれているゲーム開発コンテストにも興味を持つはず。そうにらみ、社長が日本に滞在しているときに是非会いたいと打診した。
 来日時の都合のよい日時と場所で構わない。今月末にカンファレンスがあり来日することは知っている。そのときに会えると幸いだ。嘘を吐くことになるがそこは仕方がない。偏執的なほど表に出ない人物だ。正直に話して、そのままやって来るとは思えなかった。
 問い合わせを送って二日ほどで、社長秘書から返信が来た。スケジュールの都合がついた。日時はカンファレンスの日、CTO──最高技術責任者──の講演の一時間後。場所は滞在するホテルのティーラウンジ。そこに半個室のスペースがあるので打ち合わせをしたい。灰江田は、快諾の返事をコーギーに送らせた。
 向こうの出席者は、ヒューゴー・アックスとその秘書モニカ。こちらの出席予定者は、灰江田、コーギー、それに名前を伏せて二人参加予定だと伝えた。その席に山崎と静枝を同席させ、Aホークツインの販売許可の話と、親子の対面をする。ヒューゴー・アックスが赤瀬裕吾だという確証はまだない。しかし、九十九パーセント間違いないだろうと灰江田は考えていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年6月号は連続特集「『ポケモン』から20年と未来の日本ゲーム」、俳優・藤原祐規さんインタビュー、恒川光太郎さんと伊藤朱里さんの特別短編など。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

米光一成,さやわか,吉野万理子,恒川光太郎,伊藤朱里,藤原祐規,千早茜,尾崎世界観,三上延,中江有里,柳井政和,柏井壽,最果タヒ,宮木あや子,武田綾乃,町田そのこ,瀧羽麻子,門井慶喜,中山七里,東川篤哉,堀内公太郎,垣谷美雨,ふみふみこ,鴻巣友季子,新納翔,砂田麻美,カレー沢薫,こだま,新井久幸
新潮社
2018-05-18

この連載について

初回を読む
柳井政和「レトロゲームファクトリー」

柳井政和 /新潮社yom yom編集部

失踪した伝説的ゲームクリエイターの謎を追え――。 『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』で小説家デビューを果たした プログラマー・ゲーム開発者が贈る、本格ゲーム業界小説! 電子書籍文芸誌「yom yom」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載24話目公開中です。レトロゲーム移植会社の2人のお話です。最新話→ https://t.co/hUhxwRuzla 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ… https://t.co/gZpy0kremw 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載24話目公開中。レトロゲーム移植会社の2人のお話です。最新話→ https://t.co/hUhxwRuzla 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ… https://t.co/8mpXN9ubiY 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten cakesで小説『レトロゲームファクトリー』連載24話目公開されました。レトロゲーム移植会社の2人のお話です。最新話→ https://t.co/hUhxwRuzla 連載まとめ→ https://t.co/PKcROjtBSQ… https://t.co/SqpXMAUyzb 7ヶ月前 replyretweetfavorite