第7回】広告が広告でなくなる世界

これから広告は広告でなくなる? 人々がイメージ産業に不信感を抱き、広告費がのきなみ下がっている中で、広告は変化を求められています。これから広告はどうなっていくのでしょうか? 好評発売中の『中身化する社会』(星海社新書)から、第1章・第2章をcakesで連載していきます。別途掲載の著者・菅付雅信さんのインタビューとご一緒にどうぞ!

先進国の人々は広告を信じていない

 つぎに広告業界の売り上げを見る前に、ひとつ興味深い調査を紹介したい。
 調査会社ニールセンが2011年9月に世界56カ国、計2万8000人のオンライン消費者を対象に実施した広告の信頼度調査で、92%の人が「知人の推薦をもっとも信頼している」という結果が出たのだ。
 2007年度の調査では64%だったのが、たった4年で28%も増加している。
 2007年の調査と比較すると、テレビ広告は62%から47%へ、新聞広告は61%から41%へ、雑誌広告は59%から47%へ、さらに企業のブランド・サイトは70%から58%へ落ちている。
 さらに地域別で見てみると、テレビ広告を信頼していると答えたのは、アジア環太平洋地域が47%であるのに対して、北米は40%、ヨーロッパは30%しかなく、新聞広告はアジア52%、北米47%、ヨーロッパ28%、雑誌広告はアジア54%、北米47%、ヨーロッパ28%と、特にヨーロッパにおける広告への信頼度の低さは顕著となっている。

 もはや欧米先進国では過半数以上の人が、ヨーロッパでは7割近くの人が、広告を信頼していないというのがわかる。
 つまり、広告は噓であると。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
中身化する社会

菅付雅信

生きるうえで大事なことが、変わりました。ネットの進化、そしてソーシャルメディアの爆発的普及によって、テレビや広告などによるイメージ操作は、ほぼ効かなくなったのです。それは、ウソや誇張はすぐに検証され、バレてしまうため。すべての「中身」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nzmt_i2o3 広告なんてもう通じないよ!(それでも広告業界に行きたいけど)… 約5年前 replyretweetfavorite

abekeisuke1976 広告への信頼の落ち込み度合いに衝撃を受けました。> 約5年前 replyretweetfavorite

charytaro チェック! 約5年前 replyretweetfavorite