恋愛がうまくいくポイントは「連絡の頻度」「会話のテンポ」「性の相性」

男女の友情はあるのか? セフレは本命に昇格できるのか?  カウンターで語られた恋のエピソードをバーテンダーが書き留めた恋愛小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』が話題の、作者で現役バー店主の林伸次さんと、妄想ツイートが人気のカツセマサヒコさんが語る「恋愛」。後編は、男同士だからこその本音も出てきます。 (構成:アケミン 撮影:菊岡俊子)

男女の友情は成立するのか?

カツセマサヒコ(以下、カツセ) 以前、林さんは「セックスをしたら友だちになれる」とおっしゃっていましたよね。セックスをすることで平常心が保てて、男女の友情が成立するという考え方がおもしろいと思ったんです。一般的に「恋愛のゴール地点=セックス」と考えられているはずなのに、セックスが友だちのスタート地点になる。

林伸次(以下、林) 僕個人は「男女の友情はない」と思っています。ただ女性の多くは「男女の友情がある」と思っているとも聞きます。

カツセ それはそもそも男性が女性と仲良くなりたいと思うのは、性的な下心があるからで、そういった下心を抜きにしては男女が仲良くなることはない、ということでしょうか?

 たとえ女性側が友達として付き合いたいと思っていても、その子がかわいくなかったら、男性としたら友だちにはならないと思うんですよ。最初から恋愛関係にならない相手に時間を潰すのがもったいないなと考えてしまう。

カツセ う〜ん……(笑)その気持ちも2厘ぐらいは分かるんですけど(苦笑)、9割9分8厘、僕は「男女の友情はあり得る」と思っているんです。実際に周囲にも性的な下心なしで友人と呼べる女性は何人かいますし。逆にたとえ男性に下心がなくても、女性に下心がある場合も存在するかもしれないし、そういう意味では男女の友情ってバランスが難しいなと思います。

 そうなんですよね。一方が「友だち」と思ってつきあっていてももう片方は、そう思っていないかもしれない。このヒリヒリした空気感こそが僕が「男女の友情が成立しない」と思う理由かもしれません。

カツセ あと男の場合、「好き」という気持ちには独占欲が伴うかもしれませんね。単なる女友達のはずなのにいつの間にか「他の男と会うなんて許せない!」みたいな感情が生まれてしまうと危険。

 そうですね。そしてそれがやがて恋愛やセックスに繋がる。セックスって男性にとっては征服欲や支配欲という側面もありますから。そしてこれは僕だけかもしれませんが、一人の女性と仕事以外で何度もメールしたり、食事に行くようになるとその相手を好きになっちゃうんですよね……。仕事相手に支配欲が出てきたらさすがにまずいので「これは絶対に仕事!仕事なんだぞ!」と自分に言い聞かせて、仕事っぽい話しかしないと思うんですよ。

カツセ 大人になってやりやすくなったのは、男女の関係に「仕事」というものを持ち込めるようになったことですよね。そのおかげで異性でも友達のままでいられるケースも多いので、仕事があってよかったなと思います。逆に僕は仕事関係の人からのプライベートな恋愛の相談には乗らないことが多いですね。

 そのあたりのオンオフはハッキリしているんですね。それにしても仕事を介しての「異性の友だち」という関係はアリですが、仕事を介さずに異性と二人きりで単に飲みに行く、となると悩みますよね。

カツセ 確かに。相手によっては「いったい何のために二人で飲みに行くんだろう?」と頭を抱えてしまうかも……。

 仕事を介さずに、ただ女の子と飲みに行くとしたら……やっぱりそのあとでキスをするとか一線を越える気がする。やっぱり僕の中では、男女の友情は成立しないんですよね……。

カツセ 以前ツイッターで「チンチンが素直なのは仕方がないが、チンチンに素直になるのはダメだ」という言葉を見かけて、これは深いなと思いました。男女にもいろんな関係があるけれど、結局は理性を保つことが人間関係を築いていく上でとても大事なことなんですよね。

男から見ても理解不能な「風俗」と「お持ち帰り」

 決してイイ人ぶってるわけじゃないのですが、僕は風俗というものに行ったことがないし、行けないんですよね。「はじめまして」と女の子と出会って、その子が目の前で脱いですぐにエッチなことをできる自信がない。もしもどうしても風俗で女の子としなきゃいけないと言われたら、一回お店の外で会って、一緒にゴハンを食べたり、ディズニーランドに行って7〜8時間ぐらい過ごして、お酒を飲んで仲良くなって「この子って、こんな風に笑うんだ〜かわいいなあ」なんて相手に親しみを感じられて、はじめてセックスができると考えてしまうんです。

カツセ 夜のお店は金銭を介して男女関係が成り立っているので、男性が勃起さえすればあり得ると思うのですが、個人的には合コンの「お持ち帰り」のほうがハードルが高く感じられます。初対面の相手と2〜3時間飲んだだけで、カラダを重ねよう思えるほどの信頼関係を築けるのってすごい。あとはワンナイトの関係も、お互い割り切れるってたくましいなあと。僕、一度セックスするだけで「オレのこと、好きでしょ」と勘違いしてしまうので……(笑)。

 やがて支配欲が出てきて、彼氏ヅラが始まってしまうんですよね(苦笑)。

カツセ そう! わかりあえてよかった(笑)。一夜を共にしたのにその後連絡を取らないのも理解に苦しみますね。「あのキレイな夜は一体、なんだったんだ!?」と混乱してしまう。自分には、それができないから30歳になっても妄想ツイートなんてしているのかなとも思うのですが……(苦笑)。

男が別れを切り出す最も多い理由は「面倒だから」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。刊行記念 林伸次×カツセマサヒコ

林伸次

恋愛を苦手に思う人が増えているなか、どんなふうにデートに誘ったり、恋愛を進めたりしているのでしょうか? カウンターで語られた恋のエピソードをバーテンダーが書き留めた恋愛小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』が話題の、作...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

futaba_adhd 無料部分だけでもう面白い 1年以上前 replyretweetfavorite

Salvare13918 |林伸次 @bar_bossa |恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。刊行記念 林伸次×カツセマサヒコ 中盤から後半にかけて。 https://t.co/6gtzDS1R9Q 約2年前 replyretweetfavorite

taka74asuka 面白かった(*・ω・) 約2年前 replyretweetfavorite

moe_penguin そうねぇ。 https://t.co/bLvEb4mM0B 約2年前 replyretweetfavorite