わたしの頑張りも、認めてほしかったんだ。/16話

夫が初めて娘と2人で出かけた日曜日。主人公 "わたし" は友人から「家族はチームだから、お互いのことを理解するのが大事」という話を聞き、夫との関係を思い返しながら帰宅する。既に帰宅していた夫が主人公に「話したいこと」とは――。
==========
Webメディア「コノビー」で連載され、累計500万PVを超える人気作品「本当の頑張らない育児」が書籍化!cakesでもお楽しみください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ボリュームたっぷり、4話・29ページの書籍用描きおろしを加えて書籍化!

この連載について

初回を読む
本当の「頑張らない育児」

やまもとりえ

「私、なんのためにがんばってるんだっけ…」 育児も家事も私ならやれる、そう思っていた 頑張り屋な主人公 "わたし" 。 だけど実際に子どもが生まれてみると…。 大人気イラストレーターやまもとりえが贈る「わたしらしい子育て」を巡る物語。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha リアル。こういう夫氏って謝ることができないよね。 約2年前 replyretweetfavorite