待つのも仕事のうち! 地獄の「ヘリ待機」

今回は山小屋へのヘリ輸送について。天候次第では飛ばないこともあるヘリ。ヘリに振り回される山小屋スタッフの話をお届けします。(この連載の書籍版はこちらから)

ヘリは山小屋のライフライン

山小屋には数週間に一度、お祭り騒ぎの一大イベントがある。

ヘリの日だ。

第3話でも書いたけど、山小屋ではほとんどの物資をヘリで荷揚げする。食材、日用品、売品、プロパン、軽油……すべてヘリ輸送だ。

ヘリは山小屋のライフライン。天候不順などでヘリが飛ばないと、山小屋は物資が足りなくなってしまう。とてもじゃないけど、物資は人間が運びきれる量ではないのだ(プロパンガスなんて100㎏ある)。

「ヘリで荷揚げ」というとなんだか簡単そうに聞こえるけど、実際はかなりの重労働。

「わー! ヘリだー!」と無邪気に喜べるのは入ったばかりのスタッフだけで、ほとんどのスタッフはヘリを見ても淡々としている。とっくに見飽きているからだ。

それどころか、ヘリの日が近づくと「またヘリか……」と大きなため息をつく人もいる(うちの夫)。

そのくらい、ヘリの荷揚げは大変なのだ。

いったい何がそんなに大変なのか? 私の筆力だけでは説明しにくいので、夫のイラストつきで解説したい。


物資は「もっこ」と呼ばれる網状のもので包み、これをヘリで吊って山小屋へ運ぶ。

もっこ1つに入れていい荷物の重さは約600kg。ヘリの前日までに、もっこ1つ分が600kg以内になるよう計算して荷物を作っておく。

もっこで包んだ荷物を「ヘリ荷」と呼び、ヘリ荷を作る作業のことを「ヘリ荷作り」と呼ぶ(そのまんま)。

山小屋ごとにヘリ輸送をやっている航空会社と契約していて、ヘリ*の年間スケジュールはあらかじめ決まっている。

*山小屋で「ヘリ」というと、ヘリコプターそのものを指す場合と、「荷揚げ」を指す場合がある。
「今月のヘリって何日だっけ?」
「ヤバい、ヘリ終わらない……」
といった場合は、荷揚げにともなう作業を意味する。

ヘリの流れは下記の通り。

①ヘリの2日前~前日に、山の麓で数人の男子スタッフがヘリ荷を作る。
②当日、ヘリが来る。もっこを吊って山小屋に運ぶ。
③ヘリが山小屋の付近にヘリ荷を置く。山小屋にいるスタッフたちは荷物を小屋に運び入れる。
④山小屋でもあらかじめ「下げ荷」と呼ばれるヘリ荷を作っている。中身はゴミ。ヘリは下げ荷のもっこを吊って、山の麓に戻ってくる。

これが延々と繰り返される。すべてのもっこを運び終えるまで、ヘリは山の下と上を往復するのだ。

ヘリ荷の量はそのときによって違うが、多いときならもっこ20個分はある。つまり、ヘリが20往復する。そうなるとみんな、最後のほうは「もうヘリ見たくない……」という気持ちになってしまう。

ヘリの前後は大変だ。

山の麓で荷物を作る係も大変だし、山小屋で荷物を受ける係も大変。ヘリの誘導をする係(支配人などベテランが担当)も、下げ荷のゴミを回収する係も、みんなクタクタだ。

だけど、ヘリの日は燃えるお祭り野郎タイプも一定数いて、私はどちらかと言えばこっちだった。


ヘリ荷作りは大変なんです

最後の3年間、夫は毎回ヘリ荷作りを主導する立場だった。

夫と男子スタッフが2人、ヘリ要員として荷物を作る。ヘリ要員たちは泊り込みで、ヘリが無事に終わるまでは自分の小屋に帰れない。夫はリーダーなので固定だが、その他の2人は毎回替わる。

ヘリ荷作りは重労働だ。

段ボール箱の重さをひとつひとつ量り、「○㎏」とマジックで書く。そして、1もっこの総重量が600kg弱になるように計算しながらヘリ荷を作っていく。

ヘリ荷は適当に積んでいいわけではない。当然だが、下のほうに重いもの、上のほうに軽いものを乗せないと、下のほうの箱が潰れてしまう。


こういうのをたくさん作る

そうやって2日くらいかけてヘリ荷を作り、ヘリ当日まで、雨に濡れないようにもっこにブルーシート(ブルシー)をかけておく。

ヘリ荷が雨に濡れると大変だ。野菜は腐るし、段ボール箱はふにゃふにゃになって中身がこぼれ落ちてしまう。もっこから荷物が落ちると「事故」と見なされてヘリ会社が営業停止処分になるので、山小屋側も責任重大だ。

そして迎えるヘリ当日。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「小屋ガール通信」が本になりました! 好評発売中です!

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

etozudeyoshida 📷 cakes連載中、吉玉サキさんの「 9ヶ月前 replyretweetfavorite

saki_yoshidama この記事は30日(木)の午前10時まで無料公開です。是非! 12ヶ月前 replyretweetfavorite

JFIFUDHDVHDJZUH #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite

POTAKA3k190M 別の意味でヘリの日は燃えるタイプでした。(ただのヘリ好き…) 12ヶ月前 replyretweetfavorite