オーナー社長 最強烈伝

#4 オーナー経営はなぜ強いのか? 雇われ社長と違う四つの秘密

オーナー企業の経営が強い理由は何か。長期的ビジョンやリーダーシップ、大胆なリスクテークなど、雇われ社長には乗り越えられない壁がありそうだ。

 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、個人資産の99%を、自身が最高経営責任者(CEO)を務める投資会社のバークシャ・ハサウェイの株式で保有しているという。

 この理由についてバフェット氏は「オーナーなら喜んで洗車するが、誰もレンタカーを洗車しようとは思わない」と説明する。自分の財産のほとんどを自分が経営する会社の株式として保有し、真面目にきちんと経営に当たっていることを証明しているわけだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オーナー社長 最強烈伝

週刊ダイヤモンド

「バブル相場」「AI格差」──。本誌が最近組んだ二つの特集の取材で、共に鍵を握る存在として挙がったのが、オーナー社長だった。バブル相場では日本市場を左右する外国人投資家が評価する存在、AI格差ではAI革命に積極的に対応する存在としてだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません