夫婦生活ファイナルシーズン始動

父親になるってどういうこと? ググっても答えが出ないから自分で書いてみた。ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)によるはじめての子育て実況連載、第2回。夫婦2人組生活最後のお祭り騒ぎを満喫し尽くした翌朝にいよいよ押し寄せた陣痛の波。マタニティタクシーを呼び出し病院へ急ぐものの……。

5月なかばの水曜日、「おなか痛い。来たかもしれない」という妻の声で1日が始まった。出産予定日より2日早く、山が動いた。

前日には宝塚歌劇団を観て、初見の私と一緒に歓喜を爆発させた彼女。どころか「出産前ラストギグ」を方便にして、直前1週間はフレンチのフルコース、大日本プロレス観戦、映画鑑賞、アンジュルムのリリイベ参加、推しのラジオ公開録音、アフタヌーンティー、シャンシャンご対面も済ませている。かつて徹夜明けの体でフジロックに向かい、最終日オーラスまで踊りきった我が出逢い史上最強のパートナーが、すっかり遊び尽くした夜の大手町で宙組のレビュー曲を歌いながら「思い残すことはない!」と言った翌朝に、通常とは違う腹痛を呼び起こしたのだった。

時間は午前6時。深夜までやりかけ仕事をしばいていた自分はびっくりするくらい眠かったけど、事態が事態だ。痛みは10分おきだというし、波のある痛みイコール陣痛がらみで間違いなかろう。Xデーはマジ急に来るもんだなハハハ。さっそく病院に電話をかけて状況を説明。予定日も近いので「とりあえず来とこうか」って話になった。

ああ……ついに来た! しかも、「遊びはこれで終わり!」と宣言した翌日! おなかの次世代さんはつわりを引き起こさないとか旅行しても健康とか、あまりに親の空気を読むものだから「分別くん」というアテの名前で運用してきたけど、出てくるタイミングまで読むのか。我が家の中で、今この命が一番わきまえている。

出産準備の一環で事前登録したマタニティ専用タクシーに「時は来た!」と伝え、2人で猫の食事をたんまり盛ったり荷物を整理したりする。そこで我が家の空気読み THE SECONDの猫が、ウンウンうなる妻のもとへいつになく優しくすり寄ってきた。「とても優しい世界を生きている……」と感動しながら我々はしばらく猫を撫で続け、5分ほどしてから「帰ってくるときは3人やで!」と外へ。路上では緊急事態のはずなのに全然現れない予約者を探し、タクシー運転手がすっかり困ってウロウロしていた。「いつ破水しても弊車には全く問題ないぜ」と言わんばかりにペット用おしっこシートみたいなんが敷かれた後部座席を見て、人としての尊厳にくすぶりを醸しながら我々は乗車した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こうしておれは父になる(のか)

本人

「今にこの子は「パパ」としゃべるだろう。そのとき自分は、何としてきみを抱きしめたらよいか、再び考えてみよう」――ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)がはじめての子育てを実況! 父親目線で見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ysadaharu マタニティ専用タクシーなんてあるんだ: 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shiyoh7100 たまたまだけどCreep聴きながら読んでたら泣きそうになった。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

n_kmrk_t 語彙の豊富さよ 12ヶ月前 replyretweetfavorite

haruki_ @dannysneko この記事の胎児の心拍数からの下りマジで声出して笑いましたおすすめ。 https://t.co/0NMQ7wDZBl 12ヶ月前 replyretweetfavorite