梅雨のジメジメを吹っ飛ばす「チキンピリピリ」[第19回]

バダさんの人気レシピ連載は、前回に続いて肉料理! その名も「チキンピリピリ」。「ピリピリ」なんてかわいい名前だなあなんて思うかもしれませんが、なんとこれはポルトガル語。このじめっとした梅雨の空気を忘れさせてくれる、ピリッと辛い鶏肉料理です。これからの季節、バーベキューなんかにもぴったりなこのレシピ。ぜひ参考にしてくださいね!

みなさんこんにちは!
初夏ですねー。
あちこちで咲く紫陽花が、色鮮やかですねー。
仕事終わりのビールが、のどに心地いいですねー。
ああ、今日も早く仕事を終わらせて、
プシュッ、プハーッってしたい!

私が住む東京下町では、先週末地元の神社で恒例のお祭りがありました。
お神輿や山車が路地を賑やかに練り歩いて、
見物客も盛り上がっていました。
毎年のことなんですが、
祭りの日に人が大勢集まっているのを見ると、
地域にはこんなに人が住んでいるのね、とびっくりします。
この数年で近隣にはマンションも増えたし、
さらに住む人が増えているんだろうなあ。
祭りって、町の活力のバロメーターみたいなものですね。
もちろん賑わっている方が、見ている方も楽しい!

太鼓のドンドントッカラカンという音が聞こえてくると
妙にソワソワ落ち着かなくなり、
ピッピッと響く笛の音や担ぎ手の揃った掛け声を聞くだびに、
えっ、どこどこ、お神輿どこ、とキョロキョロ。
きりっと半纏姿の旦那衆がお神輿を担ぐ様子や、
神社の露店で買ったかき氷や焼きそばを
うれしそうに食べている子どもたちを眺めながら、
夏はもう始まっているんだなあとしみじみ。

と、私の周辺の夏の始まり報告でしたが、
肝心の暑さはまだまだ序の口。
いまはそれよりも、ジメジメが先行中です。
こんな梅雨時は、
ピリッと刺激のある辛いものが食べたくなりません?
私はピリピリフードを泡でサーッと胃袋に流し込みたい!

ひとくちに辛いものと言っても、いろんな辛さがありますよね。
たとえば和の辛さなら、
すっきり清々しいわさびに、風味豊かな練りがらし、
生のネギのしゃきっとした辛さ、大根おろしののどがかーっと熱くなる辛さ。
まっすぐ辛い一味唐辛子に、7種の風味と刺激が香る七味唐辛子。

海外に目を向けると、辛さのバリエはさらに多様。
豊富な香辛料を組み合わせて複雑なうまみを引き出すインド中東のカレー系、
発酵キムチの辛みや酸味、唐辛子使いが特徴的な韓国・中国四川系、
ハーブや柑橘系を巧みにミックスする、清涼感たっぷりの東南アジア系と、
イメージするだけでも
その辛さの豊かさに料理好きの心は躍ります。

じゃあ、私の好きなポルトガルはどうなのかと言いますと……
辛い料理、あります!
名付けて「チキンピリピリ」

ポルトガルでは
「Frango Assado com Piri-Piri(フランゴ アッサード コン ピリピリ)」
という名で親しまれているもので、
炭火などで焼いた鶏に辛いソースをかけたもの。

これ、食堂やレストランというよりは、
祭りの出店やテイクアウト店で見かけることの多い
ファストフード的なメニューです。
たとえば祭りでは、こんな感じで。

おじさん(や、お兄さん?)が、鶏も豚も黙々と炭火で焼いています。

同じイベント会場では、
巨大なグリルマシーンでドーンと鶏を焼く店もあり。

見よ!この豪快なグリルっぷりを!
周囲にはものすごくジューシーな香りが漂っていて、
みんなふらふらと、香りのする肉の方へと店に引き寄せられていました。

ちなみにポルトガルでは、
鶏は丸ごと1羽を料理するのがほとんど。
スーパーでも、内臓を処理した(レバーや砂肝は洗って小袋に詰め、鶏に戻し入れる)
まるごと1羽がずらりと並んでいます。

そして肝心のピリピリがこちら。

ピリピリは、作る人の数だけレシピがあります。
必ず入っているのは唐辛子と塩。
あとはオイルにニンニク、ワインビネガー、パプリカ、ワインやウイスキー、
レモン、こしょうなどバリエは無限です。
見つけてレシピを聞くたびに、「うちのピリピリはほかと違うよ」と
みんなマイピリピリに誇りを持っていました。

そういえば、辛いソースをピリピリというのは、
日本語の表現と似ていて面白いですよね。
ポルトガル語でピリピリと言えば、唐辛子を使った香辛料のこと。
オイル系も粉末も、唐辛子そのものも全部まとめてピリピリです。

私の勝手な推測ですが、
ワインやパンやてんぷらを日本に伝えた470年前のポルトガル人が
唐辛子を紹介したときに、

ポル人:(唐辛子を指さして)「ピリピリ!」
日本人:(唐辛子をかじって)「こりゃ辛い!ピリピリ辛い!」

こんな会話を繰り返して、
やがていつの間にか「ピリピリする」「ピリッと辛い」の表現が
日本に定着したんじゃあないかなあ。
ちなみにポルトガル語で「辛い」は「picante(ピカンテ)」です。

さ、話がちょっと長くなりましたが、
ポルトガルのファストフード
「チキンピリピリ」、作っていきましょう!
今回もレシピはすごく簡単です。
料理に慣れていなくても心配ご無用、
前回おすすめしたワインビネガーも、ちゃんと使います
(でも、今回は代用品でもなんとかなっちゃう)。

ちなみに、この「チキンピリピリ」はバーベキューなどにもぴったり。
前日に仕込んで持っていけば当日は焼くだけでOKです。
きっとみんなに喜ばれますよ!!

「チキンピリピリ」の材料はこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

droit_francais 作った。見栄えは我ながら完璧にできたけど下準備で塩を振り過ぎて、味がくどくなってしまった。次回リベンジ待ちの一品。 https://t.co/FOoDxlcxzQ http://t.co/O4X957DY8k 2年以上前 replyretweetfavorite

ota_pot 【第19回】 約4年前 replyretweetfavorite

sadaaki ううう。こんな時間にこれを読んだらビールを飲む以外なくなります。絶賛オフィスなうですが。/【第19回】 約4年前 replyretweetfavorite

STMK 簡単で美味しそう。今度作る。→ 【第19回】 約4年前 replyretweetfavorite