オタク文化はもうオタク文化ではない?

いま、オタクへの意識は変わってきているようです。大学生に授業で「コミケに行ったことがある人、手を上げて」と聞くと結構な数の手が上がり、「わたし、○○オタクなんですけど」と日常的に話す。若い世代にとっては、かつてのオタクはメインカルチャーになっています。オタクへの色眼鏡が消えていく様子から、消費を通じたメインストリームへの反抗という行為について考えてみましょう。

「サブカル」って聞くとどんなものを思い浮かべますか?マンガやアニメでしょうか?あるいは、下北沢にいそうなボサノバと古着とヴィレッジヴァンガードが好きなサブカル女子でしょうか?

サブカルチャーとは、メインカルチャー(支配的文化)に対峙する少数派の文化という意味です。ある集団に特有の価値観によって形成された文化であり、メインカルチャーとの矛盾や対立を暗示しています。例えばサブカル女子なりサブカル男子は、J-POPとかマクドナルドが好きな普通の人たちと違うことをアピールします。まさに一般人との矛盾や対立をほのめかしているのです。

ただサブカルチャーは、こういった趣味やファッションに基づくものに限りません。人種や民族に基づくサブカルチャーや、宗教に基づくサブカルチャー、世代に基づくサブカルチャーもあります。

例えば、東京・大久保のコリアン・タウンのように民族に基づくサブカルチャーがあります。あるいは、イスラム教徒の人たちも日本に暮らしており、宗教に基づくサブカルチャーもまた存在します。世代に基づくサブカルチャーは、団塊の世代とか、バブル世代などを思い浮かべてみてください。

このように世の中にはいろいろなサブカルチャーがありますが、今回は趣味やファッションに基づくサブカルチャーについて深掘りしましょう。

サブカルチャーに似た言葉に、カウンターカルチャー、ユースカルチャーがあります。カウンターカルチャーとは、支配的文化に対して敵対し反逆するサブカルチャーのことです。一方、ユースカルチャーとは、若者が,大人たちの支配的文化に対抗して、自分たちの「世代」としての独自性を主張すべく形成したサブカルチャーのことです。

カウンターカルチャーでありユースカルチャーであるサブカルチャーの例として、1960年代のイギリス、特にロンドンを中心に広がった若者文化「モッズ」について見てみましょう。彼らは、ウエストを細く絞った花柄の派手なシャツに、スリムパンツや裾の広がったパンツを履いて、大柄なネクタイを締めていました。そして、スクーターを改造して乗りまわしていました。このスクーターや、ネクタイは、普通人たちが使っていたものですが、それをあえて反逆のシンボルとしてモッズが使ったのです。どういったことでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が単行本として刊行されます!(9月下旬の予定)

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konpyu たしかに..... 12ヶ月前 replyretweetfavorite

way2heaven5gun サブカルがサブカルであるために https://t.co/VasNUQSUZx 12ヶ月前 replyretweetfavorite