第2回】「人は中身が9割」の時代

かつてはファッションが人の第一印象を与えていました。しかし、今のインターネットの時代に、その役割を担っているのは検索結果。僕らは相手に会う前に、かなり相手のことを知っている時代に生きているのです。好評発売中の『中身化する社会』(星海社新書)から、第1章・第2章をcakesで連載していきます。別途掲載の著者・菅付雅信さんのインタビューとご一緒にどうぞ!

消費者のラグジュアリー疲労

『ラグジュアリー・オンライン(Luxury Online)』(2010年)という本のなかで、著者であり、ラグジュアリー・ブランドのコンサルティングを行うルックス・コープ社のディレクター、ウチェ・オコンコウは、
「今の消費者はラグジュアリー・ブランドへの渇望を執拗かつ激しく煽られることに対して、〝ラグジュアリー疲労〟とも呼ぶべき兆候を見せている」
 として、人々がもっと本質的でパーソナルなものを求める傾向を論じている。

Luxury Online: Styles, Strategies, Systems
Luxury Online: Styles, Strategies, Systems

 ファッション・デザイナーですら、こういう傾向に無頓着なわけではない。
 世界的ファッション・ジャーナリスト、スージー・メンケスが、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に書いた記事(2009年3月24日)によると、彼女が司会を務めた、インドのニューデリーでの「IHTラグジュアリー・コンファレンス」において、デザイナーのトム・フォードが、つぎのようなヒントをくれたのだという。
「私に〝サステイナブル・ラグジュアリー(*持続可能ラグジュアリー)〟というテーマを与えてくれたのは、実はワン・シーズンだけの最新流行バッグという概念の生みの親であるトム・フォードだった。
 彼はモスクワで催された〝最上のラグジュアリー〟と題するパネルディスカッションで、すでにそのコンセプトが心地良くないと語っていた。
 さらに近い将来、環境に配慮したことを謳うタブのほうが、ブランドのロゴよりも消費者に強くアピールするだろう、と」

 ラグジュアリーからカジュアルへ。
 ファッションを取り巻く環境に大きな地殻変動が起きているのは、間違いないようだ。

もはや見た目の第一印象は重要ではない

 では、なぜ人々がこれほどカジュアルになったのか?
 東京よりも明らかにスマホ(スマートフォン)率とタブレット率の高いニューヨークの人々の様子を見つつ思ったのは、ソーシャルメディア(オンライン上で、ユーザー同士が情報を交換することによって成り立つメディア)の影響が大きいのでは、ということだ。

 地下鉄で、カフェやレストランで、かなりの人がツイッターやフェイスブックに熱心に書き込んでいることが日常化した街のなかで、もはや人々は外見に気を使わなくなってきたのではないか。


by Yagan Kiely

 もう彼らは見栄を張ることをやめたのではないか、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
中身化する社会

菅付雅信

生きるうえで大事なことが、変わりました。ネットの進化、そしてソーシャルメディアの爆発的普及によって、テレビや広告などによるイメージ操作は、ほぼ効かなくなったのです。それは、ウソや誇張はすぐに検証され、バレてしまうため。すべての「中身」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

porpor35 会う前にいろいろなことが検索できるこの時代。見栄を張っても仕方がない。 約5年前 replyretweetfavorite