​ブス」という言葉を世界から無くす

男性が複数集まると必ず話すのが異性のこと。何かにつけて女性の容姿について話しがち。そんなときに出てくる「ブス」という言葉を不快に感じる林伸次さん。今回はそんな林さんからの提案です。林伸次さんはじめての小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』も大好評掲載中です。

男性同士がつるむと「美人だ」「ブスだ」と話しがち

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

常々、不思議だなと思っているのが、女性同士で飲んでいると、「あの男はこんなセックスをした」っていうのが話題になることです。「下手だった」とか「童貞っぽかった」とか「自分勝手だった」とか「すごく上手かった」とか、ほんと色々な評価をします。

どうして評価なんてするのでしょうか。というのをいつも考えていたら、先日ある本でこんな仮説に出会いました。人間の女性だけ、セックスの時に声を出しますよね。象が交尾をするときに「パオーン!」なんて言わないし、犬が交尾するときに「ワオーン!」なんて吠えません。ただひたすら無言です。

でも人間の女性は声を出します。その説によると、大昔、人間は十数人の群で暮らしていたため、セックスの時に女性が声を出すことによって、「今、その群にいない男性と私はセックスをしているんですよ」って伝えていたのだそうです。なぜ伝える必要があるかというと、「子供の父親が誰か」というのと、「私は男性に求められるくらい魅力がある女性だ」というのを知らせるためなのだそうです。

そのあたりに、「女性が男性のセックスのあれこれを評価する」ことの理由があるのかもしれません。「あの男は私としたのよ」と伝えるのと、「私は男性に求められるくらい魅力的なのよ」ということを伝えているでしょうか。

一方、男性同士でつるんでいるときにも、「あの女性は美人だ」とかって評価をするときがあるんです。そういう「美人だ」に関してはいいのですが、「ブスだ」っていうのにどうも気持ちがなえてしまうんです。女性だけでなく、あれを不快に感じる男性も多いのではないでしょうか。正直に言ってしまうと、僕たち男性は心のどこかで「女性の美醜」について、常に評価しているんです。でも、言葉にするのはいけません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha やばみ。男性が評価するのもむかしの鳴き声の名残かな。そして女性の評価ををやめさせたい理由が書かれていない謎。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

iammeiden 『まず僕たち男性の中で「ブス」という言葉と意識をなくしませんか?』林伸次 @bar_bossa | 10ヶ月前 replyretweetfavorite