性を切り離さずに関係を育む作法」を知らない私たち。

「性が絡むからこそ人は家族になれるはずなのに、いったん完成した家族関係には性を絡めないという風潮、そして性を絡めない方が家族が安定するという矛盾がある」と分析する坂爪さん。二人の関係にセックスが絡んだ途端、その関係は良く言えば「特別な関係」、悪く言えば「排他的な関係」になり、一気に風通しが悪くなる」のです。『孤独とセックス』結婚編、今回も必読です!

●「性を切り離さずに関係を育む作法」を知らない私たち

性的欲求は、いくつになっても存在する。それ自体は全く自然なことです。それではなぜ、目の前のパートナーと性的な関係を継続すること、それによって家庭内での性的孤独を回避することができないのでしょうか?

その理由の一つに、私たちが「性を切り離さずに関係を育む作法」を知らない、ということが挙げられます。

異性の他者と関係性を築く上で「性を切り離す作法」は、大人であれば誰もが身についている作法です。学校や職場で、異性の相手と一緒に学んだり仕事をする場合、いちいち恋愛感情や性的欲求に囚われていたら、勉学や仕事に支障が出てしまいます。そのため、「クラスメート」「同僚」「生徒と教師」「上司と部下」という役割に沿ってお互いが振る舞うことで、不要なトラブルを回避することができます。

その一方で、私たちは「性的関係のある相手と、フラットな関係を築く作法」「特定の相手と中長期的に性的な関係を持続させる作法」を身につけていません。

二人の関係にセックスが絡んだ途端、その関係は良く言えば「特別な関係」、悪く言えば「排他的な関係」になり、一気に風通しが悪くなります。特定の相手と性的な関係になることで、他の相手や周囲との人間関係が壊れてしまう場合もあるでしょう。

一度セックスをしたから、というだけの理由で相手に対して独占欲を抱くようになり、過度に行動を束縛してしまうこともあります。食事やデートとは異なり、セックスが絡むだけで、お互いにフラットな関係を築くことは一気に難しくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「誰と交わっても空しい」あなたに贈る、生き抜くためのサバイバルガイド!

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

halophilia #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

kous37 なんというか 約2年前 replyretweetfavorite

ppcspink 「性が絡むからこそ人は家族になれるはずなのに、いったん完成した家族関係には性を絡めないという風潮、そして性を絡めない方が家族が安定するという矛盾」✍ 約2年前 replyretweetfavorite

kentosannvn 『私たちは「性的関係のある相手と、フラットな関係を築く作法」「特定の相手と中長期的に性的な関係を持続させる作法」を身につけていません。』 とても大切な指摘やし、身につまされる記述もいくつかあった。 https://t.co/8itJitH9TI 約2年前 replyretweetfavorite