ロスで女優になるために試行錯誤した日々

身長163センチ、体重80キロの藤井美穂さんが、アメリカで「プラスサイズモデル」になるまでの道のりを綴っていくこの連載。前回、アメリカに到着してすぐに通い始めた語学学校やアメリカ人との恋愛についてお送りしました。今回は、女優になる夢を叶えるために、必死に試行錯誤した日々についてお届けします。

語学学校に入った当初は、クラスは下から2番目で、中学英語も危ういレベルだった私。そこから猛勉強し、前回書いたとおり、ネイティブの男性と付き合ったことで1年後にはかなり英語が話せるようになっていました。もともと、歌や物まねが得意で、耳が良かったということも大きいかもしれません。

でも、英語が話せるようになったところで、スタートラインに立ったに過ぎません。語学学校卒業後は目標であったハリウッドの演劇を学ぶため、ロサンゼルスのアクティングスクールに入りました。

英語がわかるだけでは話にならない

1年みっちり勉強した英語! 大丈夫だと思って挑みましたが、ハリウッド式のカメラ前の演技では撃沈。自分の演技を自分で見るのもしんどかったです。

どんなに真剣なシーンでも、私の片言の英語ではなんだか滑稽な雰囲気になってしまうのです。

とりあえず英語がわかる、話せる、だけではハリウッドのスタートラインにも立てないことが身にしみてわかりました。「流暢な英語」が話せて初めて他の役者と勝負できるのです。

日本では、演技での滑舌では困ったことはほとんどなかった私ですが、英語の芝居では滑舌やアクセントでつまづいて、演技指導もしてもらえない。そのことに焦りを感じていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
体重80キロのファッションモデル

藤井美穂

身長163センチ、体重80キロ。現在ロサンゼルスで「プラスサイズモデル」として活躍している藤井美穂さんの身長と体重です。プラスサイズモデルとは、いわゆるぽっちゃりモデル。日本では「デブ」と呼ばれて負け組の人生を送っていた藤井さんが、ア...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 美しさと面白さは共存できることを知り、それこそが私の目指す道だ、と思いました。 1年以上前 replyretweetfavorite

hazymoonlight 判断力と行動力の合わせ技が、すごい。応援したくなる⇒ 約2年前 replyretweetfavorite