いざトカラ列島最高峰・トカラ富士へ!【中之島①】

島好き最後の聖地「トカラ列島」のかつてないエッセイ&ガイド『トカラ列島秘境さんぽ』より、島の魅力をお届けする連載。
トカラ列島さんぽ2島目は中之島です。

南の国の北海道

鹿児島と沖縄の間にある薩南諸島。黒潮ど真ん中。断崖絶壁の火山列島。まさかそんなトコロで北海道の景色に出会うとは、想像だにしなかった。島に降り立つまでは。

中之島(なかのしま)は、トカラ列島の中でも一番大きく人口も最も多い(と、言っても160人ほど)。集落の背後にはトカラ列島最高峰(979メートル)の御岳・通称トカラ富士がそびえる。緑のグラデーションに覆われ、天に向かってスラッと立つイケメンさん。つい見惚れてしまう。そのふもとに広がるのは「日の出集落」(通称、高尾)。島内にある3つの集落のうち一番新しく開拓された。

港の集落から木々に囲まれた急なくねくね坂を、汗をかきかきひたすら歩くコト約40分。突如、目の前が開け、パーンッと青い空が現れる。左手には凛々しいトカラ富士。右手には青々とした深緑がまぶしい牧場。真ん中にはどこまでも続くかのように先が見えないまっすぐなコンクリートの道路。車なんて、全然通ってないけれど(たま~に通る)。

その先の平野には、トカラの特産〝島らっきょ〟などの広~い畑が続く。よく似た景色に記憶がある。北海道の富良野だ。空に向かって大の字で寝転んでいるような広大な大地。自分の気持ちもフルオープンにしてくれるようで、思わず駆け出したくなる。

ところで、牧場には牛……ではなく、背丈がやや低い馬が20頭近く放牧されている。みな馬にしては短めの首を垂れ、「生きるとは食べるコトだ」と言わんばかり、一心不乱にお食事中だ。10月と言えども、炎天下。暑い中、お疲れさまである。彼らは「トカラ馬」といって、日本在来種の馬。元は奄美群島の喜界島(きかいじま)にいた馬である※1 。牧場には馬小屋なるものは一切ない。ほぼ毎回、台風の通り道となるこのトカラで常時吹きっさらし!雨や風の日は、作業小屋の後ろ でみんな身を寄せ合って微動だにしない。さすがは絶海の孤島の在来種。そんなヤワにはできていないのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

トカラ列島 秘境さんぽ

松鳥 むう
西日本出版社
2018-07-26

この連載について

初回を読む
島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ

松鳥むう

島好きイラストエッセイスト・松鳥むうがおくる、かつてないトカラ列島ガイド&エッセイ! 『島好き最後の聖地 トカラ列島秘境さんぽ』より抜粋し、まだまだ知られていない日本の離島を紹介します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

muumatutori 【お仕事】明日9/3(月)、cakesでの『トカラ列島 秘境さんぽ』抜粋連載の最新回がupされますー。その前に、先週の記事も良かったら再読を、ぜひ♪ https://t.co/7GiKBEchpb #トカラ列島秘境さんぽ 約2年前 replyretweetfavorite

muumatutori 【お仕事】「cakes」での『トカラ列島 秘境さんぽ』からの抜粋連載。最新回がupされました(*´∀`*)今回は、トカラ富士のお話。読んでねー♪ https://t.co/7GiKBEchpb #トカラ列島秘境さんぽ 約2年前 replyretweetfavorite