​『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 プロデューサーのトムが主演俳優トムに無茶振り!?

『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作が公開中。毎回、度肝を抜くアクションが話題ですが、今作でもトム・クルーズが大変なシーンに挑んでいます。56歳になったトム・クルーズのパッションについて、ブロガーの伊藤聡さんが論じます。

96年公開の第1作『ミッション:インポッシブル』から20年以上に渡って続く、大人気シリーズの6作目が公開となった。秘密諜報組織 IMF (Impossible Mission Force)の工作員イーサン・ハントの活躍を描く本シリーズは、累計興行収入3000億円超という途方もない記録を持っている。このシリーズの魅力は、1作目の水平宙吊りシーンに代表される印象的なアクションにあるだろう。どの作品にも、観客の記憶に残るアクション場面が用意されてきた。

今回の物語は、謎の組織によるプルトニウムの強奪から始まる。"The Apostles"(神の使徒)を名乗るその危険な組織は、核爆弾によるテロ攻撃を目論んでおり、IMFは何としてでも計画を阻止しなくてはならない。かくして、テロ集団からプルトニウムを取り戻すための熾烈な戦いが始まる。主演はトム・クルーズ。監督には、『アウトロー』('12)のクリストファー・マッカリーが、本シリーズ5作目(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』)につづいて起用されている。

1作目の公開時、まだ34歳だった主演トム・クルーズも、いまでは56歳。アクションを撮るために必要な体力は当然落ちていき、ポテンシャルが下がってしまったとしても仕方のない年齢だろう。しかし作品は、回を追うごとにアクション映画としての強度を増し、ファンの期待を超える弩級のスタントを連発するエンターテインメントへと変化しつづけている。これはひとえに、主演のトム本人がみずからに対してつねに過酷なスタントを課し、それを徹底してやり切る姿勢ゆえである。

スタントの壮絶さはシリーズを重ねるごことにエスカレートする一方であり、その姿勢には尊敬に値するというより、なにか執念に近いすさまじさを感じる。これまで30年以上、超一流の映画俳優として申し分ないキャリアを築き、つねにトップの位置で活躍してきた彼に、もはや誰も身体を張ったアクションなど求めない。代役を立てても、不平不満など出ないだろう。ここまで成功し、金銭も名声も得た男が、なぜ水量16トンもの巨大水槽を爆破させ、その激しい水流へ自主的に飛び込んでみせるのか、誰にもわからないのだ。

たとえば2000年公開のシリーズ2作目で見せたのは、高さ30メートル以上の断崖絶壁に腕だけでぶら下がるという危険きわまりないショットだが、これをトム・クルーズ自身が代役を立てずに行なっている。このような撮影は「普通であればスタジオが許さない。それでもトムはプロデューサー権限で強行」*1している。主演俳優がプロデューサーを兼ねているため、たとえ、どのような無謀なアクションであっても、プロデューサーのトムが、俳優のトムにゴーサインを出す権限を持つのだ。主演俳優が同時にプロデューサーを兼ねる、『ミッション:インポッシブル』シリーズならではの仕組みがなければ、無謀なアクションの数々は実現不可能であったろう。

かくして、彼の挑戦するスタントは作品ごとに無謀さを増していく。地上800メートルのビルの壁面を登ったり(2011年『ゴースト・プロトコル』)、高度1500メートルの飛行機にしがみついたり(2015年『ローグ・ネイション』)、ほとんど正気の沙汰とはおもえない場面を、すべて自分自身で演じることでファンを呆然とさせてきた。

そして今回ついにトムは、自分でヘリコプターを運転するだけではなく、らせん降下で墜落する場面までをもみずから操縦しておこなったという。ヘリコプターにはトム以外に誰も乗っておらず、なぜそのように危険な撮影が可能だったのか、関係者による説明を読んでもうまく理解できないでいる(「今回はすべてがトムに任されていた。もし何らかのコントロールミスを犯せば、一巻の終わりだ 」*2)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

campintheair cakes連載、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』です。なぜトム・クルーズは、ここまで無謀なアクションに身を投じるのか。サイモン・ペグが「時々彼の精神状態を案じてしまう」と話す、めちゃくちゃな本作について論じております。 https://t.co/gWxhMKNhkU 約1年前 replyretweetfavorite