褒められたいから、頑張る。できるようになると、嬉しい。

昨年までの10年間、山小屋で働いていた山ガールならぬ小屋ガールの吉玉サキさん。山小屋スタッフの人間模様や働き方、恋などをつづった1話完結のエッセイです。
今回は山小屋の仕事について。山小屋でもっともモテる業務があるというのですが、はたしてどんな仕事なのでしょうか?

山小屋でもっともチヤホヤされる業務とは?

「他人からチヤホヤされることを仕事のモチベーションにしてはいけない」

そんな言説をよく耳にする。

たしかにそうだろう。他人からの評価に振り回されていたら身がもたない。

だけど誰だって単純に、褒められたら嬉しいんじゃないだろうか?

「かっこいい!」「すごい!」といった言葉でやる気が出ることもある。私だって、作ったご飯を「おいしい!」と言われると、次はもっとおいしいものを作ろうと思う。大人だって案外、単純なのだ。


ところで、山小屋にはスタッフ仲間からチヤホヤされやすい業務がある。

歩荷(ぼっか)だ。

歩荷とは、必要な物資を人間が背負って運ぶこと。

もちろん、重さはその荷物によって違うが、場合によっては40㎏くらい背負うこともある。

想像してみてほしい。40㎏なんて小~中学生ひとり分だ。それだけの重さを背中に背負って、急な山道を登るのだ。

そりゃあチヤホヤされるだろう。重いものを背負えば、褒められたり、労われたり、感謝されたりする。

まぁ、それが理由というわけでもないけど、歩荷は人気の業務だ。「歩荷出たい人?」と言われると男子はほぼ全員が手を挙げる。接客や調理よりずっと楽しいらしい。

「楽しいらしい」と他人ごとのように書いたのは、私が10年間の山小屋生活の中で一度も歩荷をしなかったからだ。拒んだわけではなく、たまたま機会がなかった。

今この原稿を書くにあたって、私も一度くらい歩荷しておけばよかったな、と少しだけ後悔している。


歩荷はかっこいい!

基本的に、歩荷は男子スタッフの仕事だ。

いくらジェンダーレス社会になろうとも、どうしたって、女子スタッフより男子スタッフのほうが重い荷物を運べる。

場合によっては女子も歩荷することがあるけど、軽い物しか背負わせない。別にレディーファーストの観点からではなく、体力を消耗してその後の業務に支障が出ると困るからだ。

歩荷には背負子(しょいこ)という道具を使う。

運びたい荷物を背負子に括りつけて背負い、山道を歩く。

山小屋では、荷揚げは基本的にヘリで行う。だけどヘリは数週間に一度なので、急ぎの物資などは歩荷で運ぶことがある。

特に、悪天候で何日もヘリが飛ばないときは食材が尽きかける。そんなときは、男子スタッフが総出で歩荷をしたりもする。

ちなみに、歩荷を職業にしているプロの「歩荷さん」も存在する。しかし北アルプスでは、歩荷さんを雇うという話はあまり聞かない。北アルプスで歩荷している人を見かけたら、だいたいは山小屋のスタッフだと思っていいだろう。


小屋ガールたちは「歩荷をしている男子はかっこよく見える」と口をそろえる。

私もそう思う。見慣れた夫も、普段は頼りにならない後輩も、背負子(しょいこ)を背負うと7割増しくらいに見える。


力持ち=かっこいい


なんて素朴な価値観だろう。現代の日本社会において、この価値観が共有されているのは山小屋くらいじゃないだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

EqXI6NEvrJTqNqu いろんなお仕事ありますねぇ https://t.co/tA9ECzDHSI 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

caramelian 山小屋で働いてた作者の話。 おもしろいし、この人が書く文章が好き。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tokizo ムギちゃんに会ってみたくなる回。 自分に素直に生きないとね。 https://t.co/Gpgz23rlbc 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

etozudeyoshida アイキャッチを描かせていただきました。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite