東京湾で「おでこモンスター」を釣り上げて食べてみた話

「野食」とは野外で採取してきた野生の食材を食卓に活用すること。日々、美味しい食材を求めて南へ北へ。野食ハンターの茸本朗さんが今回チャレンジしたのは、「おでこモンスター?」。東京湾に釣りに出かけた茸本さんが釣り上げた奇妙な魚。そのお味やいかに!?

先日、釣りがとてもうまい友人と話していて「なんかでけー魚釣りたい、やべーやつ」という暑さで脳みそがとろけたような相談をしました。

その彼はおもにイシダイを追いかけながら全国を旅し、ボート釣りにトライしてきた生粋の釣りマニアで、あらゆる巨魚・怪魚釣りの経験と知見をいっぱい持っています。

すると「じゃあ、東京湾で〇〇〇〇を釣ろう、船出してあげるから」と予想外の返事が返ってきました。
東京湾……で、そんなにデカい魚って釣れるんだろうか?

不安と期待に包まれた日々を過ごし、いよいよ釣行当日。
ぼくは友人の仕立ててくれた釣り船に乗り、東京湾に繰り出しました。


写真でも伝わる糸の太さ

太く硬い竿、大人がぶら下がっても切れないほどの糸、そしてひたすらに鋭い釣り針という「力こそパワー」とでも言いたげな道具を借りて、美味しそうなムール貝を餌につけ、底に落とし込みます。
ポイントは岸からすぐ沖合、水深もそこまで深くはありません。


東京湾というと「汚染された死の海」というイメージをいまだにお持ちの方もいますが、実際は世界でも有数の生物相を誇る豊饒の海です。
針を垂らすと、休む間もないほどたくさんの魚がかかってきてくれます。


ウミタナゴに


ヒガンフグ


!!

おっ、これは今回の本命と同じ「スズキ目ベラ科」に属するホシササノハベラですね! とはいえこの魚はこの大きさがほぼマックス。今回は主役ではありません。


とそんなとき、突如竿先がグングンと強く引き込まれました。
すかさず竿をグッと立て、釣り針が魚の口にうまく刺さるように動かします。(釣り用語で「アワセを入れる」といいます)
何か、大きな岩にでも引っかかったように、糸が引っ張られます。根がかりかな……
いや、ゆっくりではありますが、ズルズルと引きずられている!

すこし竿で矯め、ゆっくりとリールを巻き始めると、相手はまるで今になって「自分が釣られている」ことに気づいたかのように、突然全力で抵抗を始めました。
まっすぐに張り詰めた糸は悲鳴のように甲高く鳴り、両手で竿をつかんで必死に綱引きに耐えます。2馬力のボートすら引きずりそうな剛力!

それでも、相手の力をいなし、ときにこちらも全力で巻き、ゆっくりゆっくりと浮上してくるのを感じます。
ややあって、目の前にぽっかりと浮かび上がったのは


でけー!!

本命・コブダイ

デカすぎる!!

80㎝10.6㎏、オデコの見事に肥大したオスが釣れてくれました。
あまりの嬉しさに、全身が魚臭くなるのもいとわずハトヤ持ち*。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
野食ハンターの七転八倒日記

茸本朗

「野食」とは、野外で採取してきた食材を普段の食卓に活用する活動のこと。 野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し、、、 それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

I0430 https://t.co/8P3wgReC59 勝負服と言うのか? 普段着なのか? ライオンズのシャツは無事に魚臭くなりました( ´艸`) 約1年前 replyretweetfavorite

konpyu ビジュアルが......やばい 約1年前 replyretweetfavorite