食べ方」と「食べるもの」がコンディションを左右する

「誰にでも、能力が最大限発揮される食べ方があります」こう語る石川三知氏は、フィギュアスケートの髙橋大輔元選手、荒川静香元選手など名だたるトップアスリートの栄養指導にあたってきたスポーツ栄養士だ。そんな石川氏に、我々が日常で実践すべき正しい「食べ方」について話を聞いた。

「ベスト・パフォーマンスの体」は食事で決まる

スポーツ栄養士と聞くと、遠い世界のような印象を抱くかもしれない。しかしスポーツ選手の栄養指導のノウハウというのは、見方を変えれば、食を通じて体をベストコンディションに整えるという、私たちにとっても非常に重要な知識といえるだろう。 おそらくオリンピックに出場するスポーツ選手ほど、日々の体のコンディションを気遣う人たちもいない。トレーニング法はもちろんだが、毎日の食事もしかりだ。そんな彼らに日々、行っている栄養指導や食べ方のアドバイスのうち、私たちにも役立つ知恵は何だろうか。

「栄養面のことを細かく言い出したらキリがありませんが、大事なことは三つです。一つは『動く』『寝る』を邪魔しない食べ方をすること、二つ目は『咀嚼』を意識して食べること、そして三つ目は、主食、主菜、副菜を1:1:2の割合で食べることです」

「食べ物を見たときに、『これが自分の体になるのか』と考えてみてください。ファストフードやスナック菓子などのジャンクフードで食事を済ませようなんて、もう思わなくなるはずです。体にいいとされる野菜だって、しなしなの野菜よりは、ピンピンの新鮮なものを選びたくなるでしょう」

「You are what you eat」(あなたは、あなたの食べるものでできている)という言葉もあるように、食事は毎日のことだからこそ、その習慣が重要なのだ。しかしながら、食べ方や栄養に関しては、あやしげな情報が氾濫しており、なかなか何がいいのか、つかみづらい。謎の流行を手あたり次第に試す前に、共にしっかりとした最強の「食べ方」を是非身につけていこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

最高の自分を引き出す超・具体的実践法

この連載について

初回を読む
最強の健康法 ベスト・パフォーマンス編

ムーギー・キム

【これで健康本は最終決着!「朝起きて夜寝るまで、本当に効果のある毎日の健康習慣とは?」】 50人を超える一流の名医・健康専門家オールスターチームが集結! 最強の信頼性を担保するべく、 東大医学部で教鞭をとる中川恵一氏と、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません