1億総転落 新・階級社会

#11 ホームレスの“緊急避難宿泊所” シェルターに潜入

午後4時ごろ、あいりん総合センターに中高年の日雇い労働者らが集まり、建物西側の通路にカップ酒の瓶やコーヒーの空き缶を置き始めた。雨が降る中、整然と一列に並べられたそれらは、まるで小さな墓標のようだった。

 午後4時ごろ、あいりん総合センターに中高年の日雇い労働者らが集まり、建物西側の通路にカップ酒の瓶やコーヒーの空き缶を置き始めた。雨が降る中、整然と一列に並べられたそれらは、まるで小さな墓標のようだった。

 「シェルターの整理券をもらうための場所取りや。かばんを置いたら盗まれる。だから自分と分かる瓶や缶を目印に置くんや」。作業着姿の男性が教えてくれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
1億総転落 新・階級社会

週刊ダイヤモンド

格差や貧困の問題が放置されている間に、日本に新しい階級社会がやって来ていた! 身分が固定化し、誰もが今いる階級から滑り落ちる脅威にさらされている。「超人手不足」「就職氷河期」「日本人の横並び意識」──。本特集では、三つのキーワードの相...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません