第5回】 今年10周年を迎える政治とテクノロジーに関する国際会議「パーソナル・デモクラシー・フォーラム」

ニューヨークで政治とテクノロジーに関する国際会議「パーソナル・デモクラシー・フォーラム(Personal Democracy Forum)」が開催されました(6月6~7日)。

市川裕康 連載第1回はこちらをご覧下さい
市川裕康 連載第2回はこちらをご覧下さい
市川裕康 連載第3回はこちらをご覧下さい
市川裕康 連載第4回はこちらをご覧下さい


「パーソナル・デモクラシー・フォーラム」のホームページより

 ニューヨークで政治とテクノロジーに関する国際会議「パーソナル・デモクラシー・フォーラム(Personal Democracy Forum)」が開催されました(6月6~7日)。

 今年で10周年を迎えるこの会議では、起業家、社会起業家、アクティビスト、企業の政策担当者、ハッカー、ジャーナリスト、学者、政治家などが一堂に会し、テクノロジーとメディアがいかに政治、政策、市民活動に大きなインパクトを与えうるか、というテーマについて、2日間、議論・ネットワーキングが行われます。

 日本では7月に参議院選挙が予定され、ネット選挙解禁という大きな潮目の変化を迎えています。そこで、インターネットと政治・市民活動の分野において、世界でどのようなトレンドが生まれているのかを探るため、現地を取材することにしました。

「パーソナル・デモクラシー・フォーラム」(以下PDF)は私にとって、とても思い入れのあるカンファレンスの一つです。最初に知ったのは今から3年程前です。以来、部分的にではありますが、毎年欠かさずライブストリーミングを見て大きな刺激を受けてきました。本連載で取り上げてきた人物の多くが既にPDFに登壇していることもあり、10周年の告知を目にした瞬間、「これは絶対に行かなければ!」と思ったのです。

 次の動画は3年前のものですが、会場の雰囲気、会議の様子などを見てとることができます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
デジタル・キュレーション

市川裕康

海外のメディアを日々ウォッチする筆者が、移り変わりが激しいグローバルなデジタルビジネストレンドをいち早くお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません