大学1年生の歩き方

本当は恐ろしい「実用至上主義」の落とし穴

『大学1年生の歩き方』連載、最終回。夏休みの使い方がテーマです。
レシピ通りに料理するのではなく、冷蔵庫の残り物で料理するような力。マニュアル力ではない「探索能力」をつける為にも、長い夏休みはチャンスです。
”自由を与えられても、何をすればいいのかわからない。イレギュラーな事態が起こると、心身がフリーズしてしまう。(中略)こういった事態を回避するためにも、ぜひ身につけたいのが「探索能力」です。”

8月は一年の「真ん中」ではない

いよいよ8月です。毎年、お盆を過ぎると時間が一気に加速するような感覚を抱きます。これはなぜなのかと考えたところ、ある仮説に行き着きました。それは「カレンダーの錯覚」という現象です。

一年が始まったとき、私たちは「1月始まりのカレンダー」で時間を認識しています。ところが3月が終わって年度が変わると、学校生活の影響で無意識のうちに時間感覚が「4月始まりのカレンダー」へと切り替わります。夏休みというと何となく「真ん中」のような感覚がありますが、それは「4月始まり」での話。忘れがちですが、実はすでに一年の3分の2が終わろうとしているわけです。

おそらく、お盆を境にカレンダー感覚が「4月始まり」から「1月始まり」に戻るのではないか……。それで、真ん中だと思っていた8月が〝後半のなかば〟であったことを突如認識し、はしごを外されたような気分になる。そして、ここから一気に年末へと時間がばく進していく──。これが「カレンダーの錯覚」という仮説です。すみません、だから何だって話ですね。

現代社会に広がる〝実用至上主義〟の風潮

大学1年の8月は確かに「人生のうちでもかなり自由度の高い夏休み」だと思います。さしたる義務もプレッシャーもなく、目の前にはあり余る自由が広がっている。だから時間のかかる読書に挑戦し、マニュアルの整備されていないバイトに勤しみ、目的のない旅に出よう──と、トミヤマさんはそうアドバイスしてくれたわけです。これを読んで、「ホントその通りだよ!」と、自分も首がもげるほど頷きたい気分になりました。なぜなら、これはものすごく現代的な助言だと感じたからです。

私は以前、出版関係の制作会社に勤務し、様々な大学のパンフレットを作る仕事に携わっていました。数多くの学生や教職員にインタビューする中で感じたのは、〝実用至上主義〟とでも呼びたくなるような傾向の存在でした。

それは何か。たとえば授業のカリキュラムには、「TOEICで何点取れる」「○○という資格が取得できる」といった具合に予め目的が設定されていました。また、短期留学やインターンのプログラムにも、「こんな体験ができます」「就職に有利な○○能力が身につきます」とメリットが具体的に明記されていた。そうしないと、学生が集まらないのだそうです。

転んだり揺れたりすると、一気に崩れる

勉強も、インターンも、アルバイトも、旅行も、「○○のために」する。あらゆるアクションには目的やメリットが設定されており、それがないもの、あるいはコストに見合ったリターンを得られないものは、すべて「無駄」「意味がない」となってしまう……。これが先に実用至上主義と呼んだ考え方であり、大学に限らず、この風潮は近年ますます強まっているように感じます。事実、話を聞かせてくれた大学生の多くも、「TOEICや資格のための授業は最初から必修科目になっている」と語っていました(もはやデフォルトなんですね)。

確かに効果はわかりやすいし、目に見える資格は、安くない授業料の対価として必要なのかもしれません。しかし、一方でこれは非常に息苦しい考え方だとも思います。なぜなら、そこには余裕、遊び、猶予、余地といったものが全然ないからです。「ムダのない効率的な学習」と言えば聞こえはいいですが、たとえば「関節がガチガチに固い人」や「内部構造に遊びのない建造物」を想像してみてください。……どうでしょう。衝撃を吸収する余地がないため、転んだり揺れたりしたときにものすごく弱そうですよね。実用至上主義もそれと似ています。

自由を与えられても、何をすればいいのかわからない。イレギュラーな事態が起こると、心身がフリーズしてしまう。失敗すると一気に崩れてしまうし、教えられてないことはできないし、誰かに指示されないと動き出すことができない……。これは実用至上主義の悪しき副作用だと思うわけですが、こういった事態を回避するためにも、ぜひ身につけたいのが「探索能力」です。

探索能力=「自分なりに何とかする力」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

トミヤマユキコ,清田隆之,死後くん
左右社; 46判並製版
2017-03-27

この連載について

初回を読む
大学1年生の歩き方

清田隆之(桃山商事) /トミヤマユキコ

「失敗しても大丈夫!」な人生の歩き方とは? 早大助教のトミヤマユキコと、恋バナ収集ユニット桃山商事の清田隆之が、仕事や恋愛、お金やコンプレックスの話まで、自身の黒歴史をさらしつつ語ります。「キラキラしたいわけじゃないけど退屈な学生生活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayusha 『大学1年生の歩き方』cakes連載公開されました。トミヤマさんと清田さんの掛け合いのように進んでいた連載も今日で最終回です! 夏休み中のたくさんの無駄と遊びが、意外とその後をつくるかも。(そうだといいなぁ)(も) https://t.co/iAJ83Dt0Bd 約2年前 replyretweetfavorite