熊野英介(アミタホールディングス株式会社)vol.4 何にも属さないのが粋。無主の「ばさら」が社会を変える

国に頼って社会を変えるのはもう古い、と語る熊野会長。そこでキーワードとなるのが、鎌倉時代に現われた「無主」の武士たち。彼らがどちらにつくかで戦局が決したように、どこにも属さない自由人がこれからの社会をかたちづくっていくのではないでしょうか。NIKEのFuelBandから、ベートーベンのカルテットまで、さまざまな話題が登場する最終回です。

社会課題を税で解決するのは、もう古い

藤野 御社は、会社の利益構造そのものを、「未利用資源を利活用する」という共感の資本を中心にまわしているのが、ユニークですよね。前回「すべては社会実験だ」とおっしゃっていましたが、そこも含めて多くの人に、サンプルとしてこういう企業もあるんだと知ってもらいたいです。

熊野 社会実験と言いつつも、それに甘えないようにしたいですね。実験的であればあるほど、どれだけ本気でやるかが問われると思っています。赤字が出ても、「やっぱりアミタに投資し続けたい」「アミタで働きたい」と思ってもらえるような社会的報酬をステークホルダーに出せているか。それがマネジメントの中にかちゃっと組み込めれば、うちの会社は本当におもしろくなると思います。と、自分で言うのもなんですが(笑)。そこはまだ未熟なんですよ。最大の欠点かもしれません。
 今思っているのは、社会課題を税金で解決するというメカニズムは、もう終わりに近づいているんじゃないかということです。

藤野 税で解決するのはイケてないと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chrhsmt 「新しい資本の出現」ってその1つがクラウドファウンディング? 5年以上前 replyretweetfavorite

gotoichi1003 変わるのは日本的に変わっていくのかもしれないですね。→ 5年以上前 replyretweetfavorite

mojin_syo_go 大満足の全四回でした。>これからは無主の時代: 5年以上前 replyretweetfavorite

yaiask 「ばさら」は戦国「BASARA」でよく聞くあれですね。13:26まで無料 → 5年以上前 replyretweetfavorite