のど自慢』を見ていると「たとえ」がいくらでも浮かぶ

8月18日(土)NHK 総合 23:30〜 『たとえBAR』という番組が放送されます。これは、世界初の“たとえトーク番組”。「ことわざ」「人気作家の文章」などを酒の肴(さかな)に後藤輝基、関根勤、壇蜜たちが次々と珠玉のたとえを繰り出していきます。この番組を企画したNHKディレクター細川啓介さんと、番組の構成協力をした『たとえる技術』の著者であるせきしろさんが「たとえ」についてめくるめく考察を繰り広げました。全3回の最終回です。
同時公開の『たとえる技術』一部公開とあわせてお楽しみください。
番組の一部を先行配信→https://youtu.be/WmVZEY8-q1c

1回つくったたとえは、恥ずかしくて読み返さない

細川 本の話に戻ると、『たとえる技術』の中に「遺言のようなだっふんだ」ってあるじゃないですか。あれ、すごく好きなたとえなんです。「だっふんだ」という、すごくばかばかしい言葉と「遺言」という重たい言葉を化学反応させる。『リンダリンダ』の「ドブネズミ」と「美しい」とかも、そうですけれど、ちゃんとハマるとガツンときますよね。でも、ハマらないとめっちゃすべるじゃないですか。

せきしろ ハマらないことのほうが多い気がします。恥ずかしくなっちゃう。

細川 何なんでしょうね。そういうハマるたとえを言いたいなと思って、まあそれが番組の企画にも結びついてるんですけど、なかなかパッとは思いつかないというか。

せきしろ そうですよね。

細川 本にもあったと思うんですけど、イメージの違うものって、組み合わせるとすごい爆発的なたとえができそうな感じがするんですけど、うまくいかないと、せきしろさんのおっしゃるように「恥ずかしくなるやつ」ができてしまう。あれ、何なんですかね?

せきしろ 不思議ですよね。そこはセンスですよね、完全に。

細川 みんながわかっている共通のベースがあると、そんなにすべらないとは思うんですけど、大きく振りかぶると、やっぱりすべっちゃう。


細川 せきしろさんは、ご自分がたとえた中で、これはいいなって思う作品はあったりするんですか?

せきしろ 自分が書いたやつ一切読まないので、何をどう書いたかもわかっていないんです。一つのたとえも、一つのネタっていうふうに捉えているので、1回出しちゃったら興味がないです。それこそ恥ずかしくて読めないのが一番です。

細川 この本(『たとえる技術』)もですか?

せきしろ そうです。たまにテレビとかに出させてもらっても絶対見れないです。ラジオに出ても絶対に聞かないし。

細川 それは、どうしてですか?

せきしろ たとえば自分で「ドブネズミみたい」って、書いたとして。読み返したら突然客観的になって「うわ、ドブネズミって書いてるわ」って思っちゃう。「ここ、笑わそうとしているんだな」とか思うと、ダメなんですよ。

細川 たしかに。たとえって、そのときだからこそパッと出た言葉だったりもするので、振り返ると、目も当てられないっていうのはあるかもしれないですね。まるで「肩パッド入りの服着ている時代の写真を見る」みたいな、すごい時代錯誤感があったりするのかも。


『のど自慢』を見ていると「たとえ」がいくらでも浮かぶ

細川 全然話変わりますけど、せきしろさんは、NHKは見るんですか?

せきしろ NHKは見ます。『72時間』はずっと見てます。あと、『のど自慢』もすごい好きです。

細川 『のど自慢』は、ほんとうにいい番組です。出演者のみなさんがファミリーみたいになりますから。同窓会とかするんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

伝わらなかった感情も「たとえ」を使えばなんだか伝わる。作家が嫉妬する才能の裏側。

たとえる技術

せきしろ
文響社
2016-10-12

この連載について

初回を読む
作家せきしろ×NHK細川啓介 人はなぜ「たとえる」のか?

細川啓介 /せきしろ

8月18日(土)NHK 総合 23:30〜 『たとえBAR』という番組が放送されます。これは、世界初の“たとえトーク番組”。「ことわざ」「人気作家の文章」などを酒の肴(さかな)に後藤輝基、関根勤、壇蜜たちが次々と珠玉のたとえを繰り出し...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません