熊野英介(アミタホールディングス株式会社)vol.2 怠惰な人、卑怯な人、偽善者は、会社から出て行ってください

変化する社会の中を生き延びてきたアミタホールディングス株式会社。熊野会長は、これから社会課題を解決するところに、市場ニーズを創出しなければいけないと言います。その課題の一つが「孤独」。しかし、藤野英人さんが見たところ、人の弱みに付け込むような「孤独産業」も存在していて……。

これからは、「孤独産業」が拡大する

熊野 かつては、市場ニーズと社会ニーズが一緒だったんですよね。企業が大きくなれば、その分社会が豊かになった。だからこそ、大企業が社会から尊敬された。でも、もう市場ニーズと社会ニーズは分かれてしまい、企業は市場ニーズばかり追いかけている。法人税を払うから、社会課題はそれを使って、国やNGOが解決すればいいということで、社会からどんどん離れてしまった。すると、どんなに大きな会社になっても尊敬されにくい。そうしているうちに、日本は環境問題、少子高齢化、高い自殺率、うつの増加など、課題が満載の国になってしまった。日本は課題の先進国になっているんです。

藤野 そうですね。

熊野 縮小していく市場では、量的拡大ではなく、質的拡大を目指すべきです。この国が、衣食住が足りているのにもかかわらず不幸なのは、やはり皆が孤独だからだと思うんですよ。この孤独という病をなおせるのは、関係性しかない。その関係性を、商品で提供できないかと考えているんです。この商品を買うと、森が豊かになり、障害者の人の雇用も生まれることに貢献できる。そんな「社会的報酬」が組み込まれた商品をたくさん生み出す。それは、社会起業家と言われている人をもっと輩出することにもつながります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yamamotoyamaji またまた納富さんからの情報。注目してるところがシャープ。 約5年前 replyretweetfavorite

yamaguchiyohei かつては市場ニーズと社会ニーズが一致していた。それが今は、乖離している。僕が、モバゲーDeNAなどをその経営の質はともかく、どこかで評価できないのは、それが孤独を癒す麻薬にすぎないからだ。https://t.co/inhpyTeWcj 約5年前 replyretweetfavorite

akicobe 藤野さんの記事、今回もめっちゃ良かった。→ 約5年前 replyretweetfavorite

yaiask 13:39まで無料。 これから伸びるのは「孤独」の産業。しかしそれには2種類あって……→ 約5年前 replyretweetfavorite