フランス料理を食べるのが怖い成り上がり

中国では100万円以上もかけてテーブルマナーを学ぶ、富裕層向けの教室があるそうです。それはブランドの発音を教えることから、フォークとナイフでバナナの皮をむく方法まで……経済資本と文化資本について考えます。

今回は、金持ちと貧乏人について考えてみたいと思います。金持ちは好きなものを買うことができます。貧乏人はそうではありません。なぜかというと持っているお金の量が違うからです。こう考えると、お金はないよりあった方が良いですね。

ただし一方で、お金をたくさん持っているかどうかで人の価値が決まるわけではない、ということもご存じだと思います。お金をたくさん持っているけれども、うらやましくない人っていますよね。どんな人でしょうか?

いろんな人が考えられますが、その有力候補は、金はあるが品がない人です。この金と品の問題について考える上で、便利なのがピエール・ブルデューという社会学者の考え方です。ブルデューは、経済資本文化資本というキーワードでこの問題について考えました。

経済資本とは、簡単に言うと、お金のことです。では文化資本とは一体、何なのでしょうか?文化資本とは、学歴や教養といった金以外の個人的資産があります。まとめると「経済資本は金、文化資本は品」ということです。

金持ちは2種類に分けることができます。もともと金持ちの家に生まれた人と、金持ちに自分でなった人です。有り体に言うと、前者はお嬢ちゃんお坊ちゃんであり、後者は成り上がりです。どちらも経済資本があるわけですが、文化資本についてはその保有量に違いがあります。

お嬢ちゃんお坊ちゃんは、豊かな家に生まれたので、ピアノを習ったり、フランス料理を食べるときのテーブルマナーを身につけていたりする可能性が高いです。小さい頃から外国人と触れる機会が多く、語学も得意かもしれません。歌舞伎もオペラも知ってます。文化資本が十分あるのです。

一方、成り上がりはフランス料理なんて金持ちになるまで食べたことがないので、テーブルマナーを知らず、皿の両脇にある数々のフォークやナイフたちにおののきます。コースが進むたびに、正しいフォークとナイフを使っているのかどうか、気になってしょうがありません。ラーメンが大好きで、青カビのチーズがなんで旨いのかよく分かりません。文化資本が不十分なのです。

成り上がりは、不足する文化資本を増やす必要があります。このことを考えるときに、ぼくが授業で学生に見せる動画があります。「160万円でバナナの食べ方を学ぶ 中国1%の富裕層たち」という男性ファッション誌『GQ』がネットで配信している動画です。

12日間約1万6000ドルというフィニッシング・スクール(昔で言うところの花嫁学校)のレッスンでは、高級ブランドの発音の仕方とか、ナプキンの折り方とか、エレガントな牡蠣の食べ方など、教えてくれます。牡蠣を食べるときには「顔をお皿に近づけちゃダメよ。中国料理は頭を低くして食べるけれども、欧米では違うの」と指導します。

「そんなことにこんな大金を払うの?」という感想が必ず学生から出てきます。しかし凄まじい勢いでたくさんの富裕層が生まれているのが、中国社会です。このスクールの経営者が自ら語るように、こうした教育が求められているのです。成り上がりは、自分あるいは自分の子弟をお嬢ちゃんお坊ちゃんにすべく、こうした投資をするのです。

ブルデューは文化資本には3種類あると考えました。

1つ目は、客体化された文化資本です。これは、モノのことですね。家にピアノがあるとか、骨董品があるとか、蔵書があるということです。

2つ目は、制度化された文化資本です。これは、大卒といった学歴や、生け花の師範代の免状など、制度が保証した文化資本のことです。

3つ目は、身体化された文化資本です。これは、言葉遣いや、振る舞い方や美的なセンスなどのことです。この身体化された文化資本を、ブルデューはハビトゥスと呼びました。

例えば、皆さんはリンゴをどうやって食べますか?皮のままそのままかぶりつく人もいるでしょう。あるいは、皮をむいて櫛形に切り分けて芯もキレイに取り除いて、お皿に盛りつけてフォークで食べる人もいると思います。前者は下品、後者は上品であると言えます。こうした食べ方も含めた振る舞いや身のこなしがハビトゥスなのです。

さっきの中国のフィニッシング・スクールでは、皮がむかれていないバナナをナイフとフォークで食べる方法も学びます。この動画によると、まず両端をナイフで切り落として、湾曲した外側と内側に縦に皮に切り目を入れて、上側の皮を取り除けば、優雅にバナナを頂くことができます。ぼくは生まれてこの方、バナナの皮は手でむいてきたので勉強になりました。ただ今後も、手でむくと思います(笑)。

貧乏人が金持ちになるように、金持ちが貧乏人になることがあります。太宰治の『斜陽』の世界ですね。こうした没落階級のことを、戦後、「斜陽族」と呼ぶのが流行りました。斜陽族は、経済資本は減ったものの、文化資本は依然として残っているのです。

なるほど文化資本と経済資本という軸で分けると世の中には、図にあるように、貧乏人、成り上がり、お嬢ちゃんお坊ちゃん、斜陽族の4種類に分けられることが分かります。

この図のある象限から別の象限に移動すること、つまり金持ちになったり、貧乏になったり人がいるということは、別の観点から見ると、社会に流動性があるということです。

ただ階級は再生産されることがあります。例えば、人は自分と同じ階級の相手と結婚することが多いと言われています。これを同型配偶と言います。それによって同じ階級に留まってしまうのです。

今回は、ずいぶんあけすけな話をしてきました。ただ、貧富が単に金の多寡の問題ではないということが分かったと思います。それが分かったということは、それだけ文化資本が豊かになったということですね。


まとめ:貧しいということは単にカネだけの問題ではない。

博報堂ケトル・嶋浩一郎さんとの共著もおすすめです!

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません