自分の親が性的孤独に陥っている」日本

結婚は「個人の多様な生き方や価値観に対応できるような制度」になっていないのかもしれません。日本において結婚は異性愛者同士でないとできず、夫婦別姓も選択不可能。女性のみに再婚禁止期間もある。配偶者以外との恋愛やセックスはタブー。子どもが生まれた場合、育児負担と教育費が重くのしかかり、別れる際も相当な精神的・時間的・金銭的負担(慰謝料や養育費)がかかる……と坂爪さんは分析します。今回は、制度疲労を起こしている現在の「結婚」に迫ります! 『孤独とセックス』家庭バージョンです!

孤独と家族・結婚

【18歳の問い⑨】  
結婚する意味や意義が分かりません。自分の親を見ていても、とっくの昔に関係が冷え切っていて、ロクに会話もしていない家庭内別居の状況。将来自分が結婚しても、幸せになれるとはとても思えません。子どもを育てるのも大変そうだし、本当に結婚しなければいけないのでしょうか?

●結婚はコスパが悪い?

あなたと同じように、「両親の関係が全く魅力的に見えない」「結婚することに意義を見出せない」と感じている18歳男子は少なくないと思います。

1980年代までは、日本は「皆婚社会」と呼ばれていました。男女の生涯未婚率(50歳の時点で結婚経験の無い人の割合)はいずれも5%未満で、ほとんどの人が当たり前のように結婚していました。

しかし、2015年の生涯未婚率は、男性23・4%、女性14・1%まで上昇しています。2030年には、生涯未婚率は男性の約3割、女性の約2割に達すると予測されています。

こうした社会情勢の中で、「ある程度の年齢になったら結婚する」「結婚したら子どもを作る」といった価値観は、若者世代の間では大きく揺らいでいます。

確かに現代社会においては、結婚という制度自体が、硬直性が非常に高く、コストパフォーマンスも悪いものになっているという事実は否めません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「誰と交わっても空しい」あなたに贈る、生き抜くためのサバイバルガイド!

この連載について

初回を読む
孤独と性をめぐる11のレッスン

坂爪真吾

高校の三年間、友だちは一人もできなかったし、恋人も作れなかった。恋愛もセックスも何一つできなかった。一発逆転を賭けて東大を目指すも、センター試験は全教科白紙で提出。すべてから逃げ出した坂爪少年は「卒業式が終わったら、自殺しよう」と決意...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

clach (坂爪真吾|孤独と性をめぐる11のレッスン) https://t.co/eQQ5Ws4AY7 セックスレスが当たり前の日本。 育児に苦悩する親たち。 結婚にも、子供をもうけることにも、希望が持… https://t.co/5T1q5fttAb 4ヶ月前 replyretweetfavorite

cacucac 結婚についてさらっと分かりやすくまとめられているなあ。選択肢とにかく少なすぎる。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mori_kananan |坂爪真吾|孤独と性をめぐる11のレッスン 興味深い話題。 https://t.co/Ts7IyBKrsD 4ヶ月前 replyretweetfavorite

mucci_texi 「性的孤独」って造語言いたいだけでしょ 4ヶ月前 replyretweetfavorite