平成最後の夏に読みたいエモい小説。文学史から考える「エモい」とは

ウィキペディア曰く、エモいとは「感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、哀愁を帯びた様」。その感覚を文学として表現したのは「ロマン主義」の作家たちだった。森鴎外、泉鏡花、国木田独歩、与謝野晶子、樋口一葉。平成最後の夏に読むべき、エモすぎ「日本のロマン主義文学」をどうぞ。
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして、cakesオリジナル定期連載。

「エモい」とは、文学史でいうところの「ロマン主義」的感覚

 平成最後の夏ですね。
 ……ってこの表現もはや手垢にまみれすぎて、使うのちょっと恥ずかしい。しかしわたしは使っていきたい所存です。だって使えるの今しかないし。期間限定品に弱い。
 そんなこんなで平成最後の夏。といえば、「エモいな~」という言葉が絶賛流行中の夏です。
 エモい、って言葉をご存知でしょうか? ここ1年で劇的に流行った言葉。「エモーショナルな感じがする」という意味らしいです。っていうか優秀なウィキペディアさんがすでに「エモい」のページをつくってくださっているのでそちらを見ましょう。

エモいは、英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本語の形容詞。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」などに用いられる。
(Wikipedia「エモい」より引用 / 2018.8.6現在)

「エモい、って結局どういう意味で使うんだ」って話を友達としたとき、「要は文学史でいうところの『ロマン主義』的感覚やね~」という結論に至りました。
 エモい=ロマン主義的感覚。
 というわけで、この記事の結論はこちらです。

 最高にエモい平成最後の夏こそ、ロマン主義文学を読むべき夏なのでは!?!?

 ロマン主義。それは19世紀くらいのヨーロッパで流行した「自分の感情を大切に! 理性よりも想像力を大切に! 知識よりも自然を大切に!」という芸術思想でございます(怒られそうなくらいざっくりした説明ですみません……詳しく知りたい方はその手の解説書を読みましょう)。この思想を明治時代の文豪が知ったとき、「おれらもやる!」と真似した時期があったんですね。
 今日はそんな「日本のロマン主義文学」をご紹介します。みんなで心をじーんとさせましょう。
 猛暑で外に出る気も起きない、そんな時こそ本を読みましょう! 
 というわけであなたと一緒に読みたい、意外と読んだことがない! 平成最後の夏に読むべき、エモすぎ「日本のロマン主義文学」行ってみましょう~。


1.ロマンに走る夏を過ごしたいあなたへ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ncnc_appole #スマートニュース 個人的には『風立ちぬ』を推したい 4ヶ月前 replyretweetfavorite

keishiro_314 若者と文学の間、世の中と研究者との間に立てる稀有な存在が、三宅さんだと思うのです。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ktre30 香帆先生の文章が好き過ぎる。 「人生を狂わす〜」を読んだので時間があるときにブログに書きます。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ino22u エモい=ロマン主義的感覚。 なるほど、、、面白い。。。 この前も「エモい、エモい」ばっかり言っていたら「出た、またエモい」って注意されたので、今度からは「それはロマン主義的感覚だね」って言おうと思います。 キモいか。 https://t.co/2chO8gBXB8 4ヶ月前 replyretweetfavorite