桃山商事の恋バカ日誌

元カレが残した“遺産”に負けた男たちの悲劇

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、新感覚の恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今回のテーマは「昔の恋人が残した恋愛遺産」です。元カレ、元カノの存在によって残された恋愛遺産。有形・無形とバラエティに富んだエピソードをご紹介します。

有形・無形の恋愛遺産を発掘する

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員


清田 今月のテーマは“恋愛遺産”です。ひとつの恋愛が終わった後に残った、有形・無形の遺産をめぐるエピソードを発掘していきます。遺産の発掘って、ちょっと考古学っぽくていいね(笑)。

ワッコ 有形遺産の話は「誕生日にもらったアクセサリーをどうするか」とかいろいろ出てきそうですけど、無形遺産の方はちょっとイメージしづらいですよね。

森田 無形遺産というのは、たとえば習慣や口癖みたいな、恋人と一緒にいる間に身体に染み付いたことなんかが、典型かな。

清田 俺は小学生のとき、好きだった佐藤さんの鉛筆の持ち方を真似していたんだけど、その持ち方が今でも続いていて。これもひとつの無形遺産だよね。

ワッコ 佐藤さん(笑)。

森田 鉛筆の持ち方って、地味だけどかなりレンジの長い影響だよね。清田少年はその持ち方で勉強して、受験して大学に入り、今も日常的に文字を書く仕事をしてるわけだから。

清田 確かに……! そう考えると佐藤さんの影響めっちゃデカいな。

森田 イメージしやすいのは有形遺産だと思うので、まずはそっちのエピソードから紹介していこうか。


ペンを包み込むように持つのが佐藤さんの特徴。清田もこれを真似して早30年…

清楚な彼女と不良系ヒップホップのギャップ

清田 じゃあ、最初に俺からひとつ紹介させてください。桃山商事のサブメンバーのひとり、熊谷操縦士が提供してくれたエピソードです。

ワッコ わたし熊谷さんに会ったことないんですけど、なんで「操縦士」なんですか?

森田 本職が飛行機のパイロットなんだよ。

ワッコ ガチな肩書きじゃないですか(笑)。

清田 これは熊谷操縦士が彼女とドライブしたときの話です。そのときは彼女の実家の車だったから、熊谷操縦士は助手席に座っていたんだって。それで「なんか音楽でもかけるか」と脇に置いてあったCD-Rを手に取ったら、そこには「ユミコ7(セブン)」とマジックで書かれていた。ちなみに「ユミコ」というのは彼女の名前で、俺も会ったことあるんだけど、元CAで清楚な雰囲気の女性でした。

ワッコ パイロットと清楚なCAのカップルですか~。

清田 ザ・王道って感じだよね。ユミコセブンの話に戻ると、熊谷操縦士は「ユミコが自分でセレクトしてつくったCDなんだろうな」と思ったらしい。なので特に疑問を持たずにプレイヤーに入れたら、流れてきたのは、めっちゃ低音のきいたゴリゴリの不良系ヒップホップだった。

ワッコ あー、それはつまり……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momoyama_radio cakesの恋バナ連載、8月は「恋愛遺産」がテーマです。今回は、を紹介しております。 https://t.co/arWIzMBK0N 2ヶ月前 replyretweetfavorite