東京医科大学が恐れた未来はすでにアメリカで起こっている

東京医科大学が入試で、女性受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたとする報道がありました。大学が点数操作をした理由は「女性は出産や子育てで、医師現場を離れるケースが多く、医師不足を解消するため」と伝えられています。しかし、アメリカではすでに医学大学院に進学する半数以上を女性が占めているのだとアメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんは伝えます。

東京医科大学が女性合格者を全体の3割以下に抑えるために、女性の受験者の点数を一律に減点していたという報道があった。募集要項では男女別の定員はなく、点数操作についても受験者にはまったく知らされていなかった。朝日新聞の記事によると、「女性は大学卒業後に出産や子育てで、医師現場を離れるケースが多い。医師不足を解消するための暗黙の了解だった」というのが理由らしい。

ソーシャルメディアでみられる声には、女性からの憤りと同時に、「これまで私たちが訴えてきたことがようやく証明された」といった開放感も感じる。「女子は相当高得点を取らないと合格できない、という愚痴を聞かされたときは被害妄想だと思ったがそうではなかった」という反省の声もあった。「私立の医科大学だけでなく、国立大学の医学部でも行われている」、「公的助成金を受けていたなら詐欺になる」といった意見から、この問題がここで終わらない可能性やそれをきっかけに社会が変わる希望を感じる。

医師不足が問題なら女性医師が仕事を続けられる環境を整備すべき

それにしても、優秀な女性を拒否し、それより劣る男性に下駄を履かせることが「医師不足」解消の対策だというのは、ふだん「頭が良い」ことを誇る日本人のアカデミアがやることとしてはお粗末すぎる。

女性医師が出産や子育てで仕事が続けられないことが医師不足につながっているのであれば、続けられるような対策を立てるべきだろう。男性にはきっと思いつきにくいだろうから、対策を立てるときには若い女医たちにも加わってもらう。そこまで頑張って勉強してきた女性が、あっさり仕事をやめたいわけはない。続けられる方法があれば、ほとんどの人は少々大変でも続けるものだ。

「実際に女は子供を産むし、その間は仕事ができないから、独身や男に負担がかかる。それが現実だから仕方がない」といった意見も目にした。でも、続けられる環境を作り、続ける女医が増えれば、それが普通になっていくものなのだ。子育ては一時期でしかない。大変な時期だけなんとかくぐり抜ければ、その後は長い間医師として働いてくれる。かえって医師不足解消になるし、優秀な女性医師が仕事を続けることができれば、現場での男性医師の負担も減るのではないか。

そもそも、「女は出産と子育てがある」という理由で医科大学や医学部への入学を制限するのであれば、看護学部への入学も制限するべきだろう。医師と看護師では仕事の内容は異なるが、夜勤もこなす看護師や助産師の仕事は、医師と同じくらい肉体的にも心理的にも負担が大きい。結婚して、子供を産み、子育てをする可能性も同じだけある。それなのに、「女は子供を産むし、子育てをするから看護師になるべきではない」といった意見は聞いたことがない。

そこには、伝統的な男女の役割や、女性差別の長い歴史が影響しているのは間違いないだろう。

19世紀のアメリカで行われた女性医師への差別
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Merlin_wand 【性別差別問題】 https://t.co/0lYEBP4S6s 2ヶ月前 replyretweetfavorite

tommysoya 読めるのが期間限定だけど一番この問題に対してちゃんと外国との比較・例ができている記事。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

shino_katsuragi 個人的な理由で明治の元勲を呪っている。薩摩おごじょの祖母の男の子の育て方には、心底、感心しなかった。ああいうのが、明治の上流階級のスタンダードになって憧れとともに下の層に普及したのかも、と思うと泣く。 / “はてなブックマーク …” https://t.co/IGVlCEFgxG 2ヶ月前 replyretweetfavorite

shino_katsuragi マイク先生もたいへんそうだったものね。エイラはクランの呪い女だったし(フィクション)/「男の志気が下がる」ってどんだけ豆腐メンタル!と思ったが、母親が男の子を育てる際の落とし穴かもねぇ、という気も。 2ヶ月前 replyretweetfavorite