色」からたとえを作る 「真夏に見た洗剤のCMのように白い雲」

エッセイが大学入試に使われるなど、確かな文章力に定評がある作家せきしろ。また、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、圧倒的なユーモアを生み出す表現力の秘密は「たとえ」にあった――。ニヤリと笑えて切なくなって、意外と学べる、かもしれない。数々のたとえを見ているだけで、発想が自由になる 『たとえる技術』の一部を公開します。

似た色を探す

次は色から作る方法である。ここでも再び雲を使って考えてみたい。

今度は雲の色に注目する。白い雲。今までの人生で見てきた白いものを思い出し、「○○のように白い雲」というたとえを作る。

コンビニの店員が補充するコピー用紙のように白い雲

真夏に見た洗剤のCMのように白い雲

晩秋の曇ったメガネのように白い雲

旅館の女将さんの足袋のように白い雲

駆けつけた病室のように白い雲

ひび割れた横断歩道のように白い雲

曇り空に透けて見える太陽の色のように白い雲

カレーうどんを食べる前のシャツのように白い雲

それぞれのたとえが新しい白を生み出しているのがわかるだろう。人工的な白、過剰なまでに鮮やかな白、半透明の白、凛とした白、無機質な白、古ぼけた白、ぼやけた白、今から他の色に変わる可能性のある白。たとえの数だけ白の種類がある。

もちろん雲は白だけではない。曇り空、今にも雨が降り出しそうな空。そんな時の雲は灰色だ。その場合は灰色を探す。

積み上げられた古新聞のように灰色の雲

おじいちゃんが着ていた紳士用ポロシャツのように灰色の雲

起きてから必死に思い出そうとする夢のように灰色の雲

並んでいるガスボンベのように灰色の雲

コンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンションのように灰色の雲

テーブルの上に落ちたタバコの灰のように灰色の雲

夏に穿いていたズボンのポケットから出てきた砂のように灰色の雲

昔美人だったと思われるおばあさんの髪の毛のように灰色の雲

今度はたとえの数だけ灰色が誕生した。

やがて灰色の雲が去り、晴れ渡る。空には青色が広がっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

伝わらなかった感情も「たとえ」を使えばなんだか伝わる。作家が嫉妬する才能の裏側。

たとえる技術

せきしろ
文響社
2016-10-12

この連載について

初回を読む
たとえる技術』

せきしろ

エッセイが大学入試に使われるなど、確かな文章力に定評がある作家せきしろ。また、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、圧倒的なユーモアを生み出す表現力の秘密は「たとえ」にあった――。ニヤリと笑えて切なくなって、意外と学べる、かもしれない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

unravel9 真っ白い画面だったんだろうか。放送事故かな。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

sekishiro 今週も読めます! 何かのヒントにしていただければ幸いです。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

mori_kananan |せきしろ @sekishiro |『たとえる技術』 綺麗な言葉。 https://t.co/CmnRC82ZFR 6ヶ月前 replyretweetfavorite

shigekey "カレーうどんを食べる前のシャツのように白い雲"|せきしろ @sekishiro | 6ヶ月前 replyretweetfavorite