アーティストが「さるかに合戦で飛び出してくる栗のように盛り上がってますかー?」とたとえる

エッセイが大学入試に使われるなど、確かな文章力に定評がある作家せきしろ。また、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、圧倒的なユーモアを生み出す表現力の秘密は「たとえ」にあった――。ニヤリと笑えて切なくなって、意外と学べる、かもしれない。数々のたとえを見ているだけで、発想が自由になる 『たとえる技術』の一部を公開します。

「たとえる」と、文章にオリジナリティが生まれる

次のような一文があったとしよう。

燃えるような赤いもみじ

今まで何度も耳にした、使い古された表現である。

何の抵抗もなくこの表現を使う人は少なくない。長年使われているということは市民権を得ている表現といえるし、「燃えるような」と言われれば私たちは条件反射的に赤いもみじが頭に浮かぶようになっている。

ただ、このフレーズを使いたくない人もいるはずだ。それは、使うのが恥ずかしいと感じる人だ。

そこで自分の言葉でもみじをたとえる。


広島カープのファンで埋め尽くされた球場のような赤いもみじ

スペインのトマト祭りの後のような赤いもみじ

進研ゼミから返ってきた答案のような赤いもみじ

アントニオ猪木のタオルのような赤いもみじ

テツandトモのテツが着ているジャージのような赤いもみじ

寝不足の目のような赤いもみじ

シャア専用のような赤いもみじ

赤が強すぎたアタック25のパネルのように赤いもみじ


これにより良くも悪くも新しいもみじが少なくとも8つ誕生した。どれもオリジナリティに富んでいて、それぞれが別の赤を想起させる。赤ヘルのような赤、街中がトマトで染められたような赤、赤ペン先生のアドバイスが書き込まれた答案のような赤。それは「燃えるような」とたとえられた時の色とは違う。

さらにこのオリジナリティは確実に聞き手の記憶に残る。最悪「この人は何を言っているんだ?」と思われたとしても、それはそれで印象に残るということだ。

また、次のような流れになることもある。

「アントニオ猪木のタオルのような赤いもみじでしたよ」

「私が見たのは、こども店長のスーツのような赤いもみじでした」

こちらのたとえが相手の表現欲を刺激し、相手のたとえを引き出す。たとえの連鎖が生じ、新たなオリジナリティを生み出すのだ。


もうひとつ別の例を挙げてみよう。

音楽のライブにて。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

伝わらなかった感情も「たとえ」を使えばなんだか伝わる。作家が嫉妬する才能の裏側。

たとえる技術

せきしろ
文響社
2016-10-12

この連載について

初回を読む
たとえる技術』

せきしろ

エッセイが大学入試に使われるなど、確かな文章力に定評がある作家せきしろ。また、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、圧倒的なユーモアを生み出す表現力の秘密は「たとえ」にあった――。ニヤリと笑えて切なくなって、意外と学べる、かもしれない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sekishiro 今週も『たとえる技術』が読めます! 1年以上前 replyretweetfavorite