思い出の中の愛する女性だけを描き続けた画家

立場が違うために伝えられない気持ち。ずっと隠し続けた恋心。
連載「ワングラスのむこう側」が人気の林伸次さんによる、はじめての小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』の発売を記念したcakes特別連載。今回は、女子高の美術部で出会った教え子が忘れられない男性の話です。

 四月になると渋谷は新しい人たちを迎え始める。新しい学生、新しい社会人が街を歩き、渋谷をまた新しい街に変える。

 バーテンダーとしては、こんな時期にこそ、ゆっくりとくつろいだ時間や空間を作ってお客様を待ちたくなる。艶やかな大人のための時間を作ってくれる歌手を考えてみたら、ジュリー・ロンドンを思いついた。

 彼女が歌う『エヴリタイム・ウィ・セイ・グッドバイ』という曲がある。「さよならを言うたびに少しだけつらい。どうしてもっと一緒にいさせてくれないのだろう」と歌う曲だ。

 私はこの歌を聴くたびに、この歌の主人公は恋する相手とどんな関係なのだろうと考えてしまう。

 好きだという気持ちは伝えているのだろうか、愛し合っている仲なのだろうか、考えれば考えるほど謎が深まる歌詞だ。

 わかっていることがひとつだけある。この歌の主人公は本当にその相手のことが好きなのだろうということだ。

 レコードをターンテーブルの上に置き、針をのせる。

 そこに灰色のジャケットに紺色のパンツのソフトな印象の男性が入ってきた。年齢は三十代前半くらいだろうか、背は少し低めで丸顔、神経質そうに見えるが私と目が合うと明るい笑顔を見せた。

 私が「お好きな席にどうぞ」と伝えると、しばらく迷って奥から二つ目の席に座り、「ペルノーをロックでください」と注文した。

 昔アブサンというリキュールが十九世紀末のフランスの芸術家たちの間で愛飲された。詩人のヴェルレーヌや画家のロートレックやゴッホも愛したそうだ。しかし、ニガヨモギに由来する含有成分が幻覚を引き起こすとされ、フランスでは一九一五年に製造禁止となった。

 そのアブサンの代替品として生まれたのがペルノーをはじめとするパスティスだ。そういう経緯からなのか、絵を描く人やフランスにしばらく滞在していた人はこのペルノーを好んで飲む。

 「このバーは氷が三つなんですね」と男性が言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ワイングラスのむこう側」の林伸次さん、はじめての小説。

この連載について

初回を読む
恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。

林伸次

甘くて、苦しくて、幸せで、辛かった、誰かを思った気持ち。そんな恋を忘れたくなくて、少しでも誰かに覚えておいてほしくて、人は目の前のバーテンダーに話をするのかもしれない――。cakesでも人気の林伸次さんのはじめて小説『恋はいつもなにげ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 きーれーいー。綺麗なこころ。 約2年前 replyretweetfavorite

kakuwatast 甘酸っぱい https://t.co/OH9P5pNWZH 約2年前 replyretweetfavorite

makicooo どの話もいいんだけどこの話が「恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる」でいちばん好き。 こういう思いを抱ける相手に会えるのが人生の醍醐味だなと。添い遂げられたとしてもそうじゃなかったとしても。 約2年前 replyretweetfavorite

yama316yama 僕がcakesに課金している理由の1つが林さんの文章です なんかいいよね https://t.co/2i3Dl6fnpd 約2年前 replyretweetfavorite