​あなたの中にもわたしの中にも、たしかに存在する「地獄」について

「我々は ありとあらゆる地獄を見たいのです」。こんな物騒な台詞から始まる『失恋ショコラティエ』の著者・水城せとなの最新作。【300日後3人のうちで最も不幸だった人間が、願いを叶えてもらえる】世界で、幼馴染同士3人の「不幸」の行く末は?
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして、cakesオリジナル定期連載。

アラサー男子3人の不幸比べに興味ありません? 水城せとな最新作紹介

「どんな幸せな環境に生きる人にもそれぞれの不幸があるということは 我々にもわかっています」
「我々は ありとあらゆる地獄を見たいのです」
(『世界で一番、俺が〇〇』①より引用)

 こんな物騒な台詞から始まる『世界で一番、俺が〇〇』(①~⑤以後続刊、水城せとな、講談社)は、現在『イブニング』で連載中の漫画。物語は、幼馴染のアラサー男子3人が「不幸比べ」ゲームに巻き込まれるところから始まる。
 怪しげな「セカイ」という団体(?)から、「人間の『不幸』についてデータを収集したい」と言われ、【300日後3人のうちで最も不幸だった人間が、願いを叶えてもらえる】という契約を結ぶのだ。イケメンかつニートの通称アッシュ、外資系企業勤務ながら人間不信な柊吾、人はいいのにブラック企業勤めの通称たろ。不幸もそこそこに、のほほんとした幼馴染同士3人の「不幸」の行く末は? ……と、いう話だ。

 しかし、最新刊5巻が、やばかった。
 何がやばいって、詳しくはネタバレになってしまうので言えないのがもどかしいが、やばかった。
 もう、みんな、全国民、読んでくれ、としか言いようがないのだが、やばかった。
 我ながら書評家としてどうかと思う語彙のなくなりっぷりだが、やばかった。

 まぁ5巻のやばさは置いておくにしても(誰か語らせてください)、『世界で一番、俺が〇〇』という漫画……水城せとなという作家は基本的にずっと「公正さ」を追及してきたのだよな、ということを再確認させられるような物語だった。

前にも述べたように、僕は何もしないで放っておくとじわじわ太っていく体質である。それとは対照的に、うちの奥さんはどれだけ食べても(量は食べないけど、何かあると甘いものを食べる)、運動をしなくても、太るということがまったくない。贅肉もつかない。そのことで僕はよく「人生は不公平だよな」と思ったものだった。ある人が努力しないことには得られないものを、ある人は努力しないでどんどん得ていく。(中略)
人生は基本的に不公平なものである。それは間違いのないところだ。しかしたとえ不公平な場所にあっても、そこにある種の「公正さ」を希求することは可能であると思う。それには時間と手間がかかるかもしれない。あるいは、時間と手間をかけただけ無駄だったね、ということになるかもしれない。そのような「公正さ」に、あえて希求するだけの価値があるかどうかを決めるのは、もちろん個人の裁量である。(『走ることについて語るときに僕の語ること』
(村上春樹、文春文庫)より引用)

 上で突然引用したのは村上春樹の健康エッセイなのだけど、わたしはこの文章を読むといつも、水城せとなという作家のことを思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oyasumipen 誰にも加担せずに、公平に、あなたにもわたしにもある地獄を描くせとな、ものすごく怖いんだよな。そこが好きなわけだけど、そこが一番怖い。 https://t.co/qz3K3JjZo7 8ヶ月前 replyretweetfavorite

sharuka0 水城せとな作品読んでみたいな~ 8ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk 「どんな幸せな環境に生きる人にもそれぞれの不幸があるということは 我々にもわかっています」「我々は ありとあらゆる地獄を見たいのです」 ▶︎『世界で一番、俺が〇〇』①より 来週木曜まで無料です〜〜 https://t.co/p6HFwSFPKe 8ヶ月前 replyretweetfavorite

oukakreuz 私も水城せとな先生の「フェアさ」​が大好きです。新刊は怖くてまだ読めてない。/あなたの中にもわたしの中にも、たしかに存在する「地獄」について| 8ヶ月前 replyretweetfavorite