杉田水脈議員について

性的マイノリティの人に対し「『生産性』がない」と雑誌の寄稿文で書いた、衆議院議員の杉田水脈。彼女が所属する自民党本部の前で行われたデモに、4000人が集まるなど、日に日に怒りの声が大きくなってきています。未だに誤読やら言葉足らずやら、彼女やその周辺の人たちが言い訳を繰り返していますが、本当の問題とは一体何なんでしょうか。

好きな言葉は「自分と未来は変えられる」

「人が嫌がることを言ったり、人を傷つけて喜ぶ人間をなくそうと本気で思うのなら、根本から見直す必要があります」と記したのは杉田水脈議員である(「杉田水脈のなでしこリポート」産経ニュース)。「民間企業ならば一日でクビ、という類の政治家、いっぱいいますけれどね」と発言したのも杉田議員である(『月刊WiLL』2017年3月号)。杉田議員の好きな言葉は「過去と人は変えられない。自分と未来は変えられる」だそうである。

自分と未来は変えられるのに、それをしようともせずに、人が嫌がることを言ったり、人を傷つけたまま、根本から見直さずに開き直っている杉田議員は、民間企業ならば一日でクビという類の政治家である。『新潮45』(2018年8月号)に掲載された杉田議員の原稿「『LGBT』支援の度が過ぎる」で、「LGBTのカップル」に対して「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」などと記し、問題視されている。結論を先に出しておくが、人間に対して、生産性という言葉を使う人間を許してはいけない。直ちに謝罪するか、辞職するべきだ。

全文読め。全文読むと更に酷い

杉田議員は、既に削除したツイートの中で、『新潮45』を読んだ先輩議員から「雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから」と言われたと記した。この先輩議員が誰なのか、実際に存在するのかすら定かではないが、言葉が足りずに誤解を生んでいる所があるとひとまず認めた上で、「問題ない」と判断した先輩議員も問題である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

四刷になりました! 武田砂鉄さんの新刊です。

日本の気配

武田砂鉄
晶文社
2018-04-24

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maguhekikai もはや杉田の発言なんか忘れてる日本社会。杉田と同レベルでどーかと思うわ。> 9ヶ月前 replyretweetfavorite

cinema8 https://t.co/JzbW0IMsfa 10ヶ月前 replyretweetfavorite

masaharu340 イラストが似てない… https://t.co/Cwafcoorhs 10ヶ月前 replyretweetfavorite

ginga8306 #スマートニュース 10ヶ月前 replyretweetfavorite