芸人ですが、このたび人工肛門になりました。

笑うと死ぬほど痛いのに

芸人歴10年、34歳の小仲巧也さんは、ある日突然の腹痛に襲われて緊急手術を受けることに。手術後、傷口の痛みと人工肛門になったショックで心がおかしくなりかけていたところ……。
オストメイト(人工肛門・人工膀胱を造設している人)として生活することになった小仲巧也さんを描いたコミックエッセイ、第3話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
芸人ですが、このたび人工肛門になりました。

関野四郎(原作) /ふっくらボリサット(作画)

芸人になって今年で10年。お金もないし、彼女もいないけれど、夢を追い続けて地道に活動してきた34歳のぼく。ある日、突然の腹痛に襲われて病院に行くと、あれよあれよという間に緊急手術に。目が覚めると、人工肛門になっていたーーー。 オ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

longroofitter 勉強になります(;´Д`)… #オストメイト 4ヶ月前 replyretweetfavorite

fukkurabo |ふっくらボリサット(作画) @fukkurabo /関野四郎(原作)|芸人ですが、このたび人工肛門になりました。 👍👉 https://t.co/8t5Q3wKsDp 第3話公開になりました〜!!後半に… https://t.co/huXg8b6i6R 4ヶ月前 replyretweetfavorite