わざわざ平田流 移住心得10か条

『山の上のパン屋に人が集まるわけ』の公開以来、独自の経営スタイルや働き方で注目を集める「パンと日用品の店 わざわざ」の平田はる香さん。
今回は東京から長野に移住して16年になる平田さんが、移住するにあたって必要不可欠な、地方での「仕事」と「家」についてお話します。

田舎はインターネットで買えない

さて、連載10回目。読んでくれている人の中には、もしかしたら都会からどこか田舎に移住したいと思っている人もいるかもしれない。今日はそんな人に向けて、移住して16年の平田が移住心得を書いてみたいと思う。

私は夫の転勤という不可抗力によって、長野県に移住することになった。能動的に移住をしたいとは全く思ってはいかなったけれど、現在の状況に満足している。私たちが移住して来た頃よりも、自治体の地方移住への取り組みも広まり、今は大分時代が変わったなと思う。それにはインターネットの発達がとても大きい。インターネットというインフラが整った現在、都会に住み続けるメリットはそれほどないと感じている。

大抵の欲しい物はインターネットで購入すれば、自宅まで届けてくれるし、人とのコミュニケーションだって、オンライン上でできてしまう。逆に買えないものは田舎にしかなくて、おいしい空気、水、景色、新鮮な野菜、そういったものは旅をして田舎に通わなければ手に入れることができない。都会はインターネットで買える、だけど、田舎はインターネットで買えない。この16年間を通じて私が感じたのは、これだった。都会にしかないものはもちろんある。特に文化的施設は都会に集中していて、美術館や博物館、エンターテイメント施設は田舎には欠如している。だが、それは毎日必要なものではない。時々、都会に出かけていって体感することで十分なのだ。

移住に必要なもの
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cafe_tomioka 「都会はインターネットで買える、だけど、田舎はインターネットで買えない。」 2年弱前 replyretweetfavorite

kiritohama 移住して気づいたことが 本当に沢山ある 仕事や家の問題は本当に切実だし 地元の方への尊敬は忘れてはいけない あくまでも移住者だから でも自分なりの表現で喜んでもらえるならそれを大事に 可能性の塊 https://t.co/TOAfRAVsU6 約2年前 replyretweetfavorite

SatokiNightoda 私の場合移住ではなくUターンだけど、なんとなくわかる・・ 約2年前 replyretweetfavorite

tgaog 納得! >都会はインターネットで買える、だけど、田舎はインターネットで買えない。 https://t.co/ccwTqg82os 約2年前 replyretweetfavorite